「91勝」三浦皇成 新人騎手の年間最多勝利

026YSjWxydvCd
三浦皇成が2008年に記録した
中央競馬における、新人騎手と
しての年間勝利最多記録は?
91勝(答)
61勝
71勝
81勝

○×
JRAの競馬学校を卒業する時にもっとも成績が優秀だった騎手に与えられる賞は「アイルランド大使特別賞」である

×「アイスランド」

 武豊騎手の持つ新人最多勝記録(69勝)を抜き、通算91勝を挙げた三浦皇成騎手(19)が、ホープ賞に決まった。日刊スポーツ新聞社制定、中央競馬会協賛の「中央競馬騎手年間ホープ賞」の選考委員会が29日開かれ、三浦騎手の21年ぶりとなる記録更新が高く評価された。
引用元: 皇成にホープ賞、新人最多91勝を高く評価 – 競馬ニュース : nikkansports.com.

三浦 皇成(みうら こうせい、1989年12月19日 – )は日本中央競馬会・美浦トレーニングセンター所属の騎手。
>10月11日の東京競馬場第2レースでマイネルクロッシュに騎乗してデビューからの騎乗回数が555回となり、武豊が持っていた新人騎手年間最多騎乗回数の554回を超えた。過去に新人騎手で500鞍以上の騎乗を行ったのは武豊(1987年、554回)、福永祐一(1996年、518回)、池添謙一(1998年、522回)の3人。
また同日のメインレース・ペルセウスステークスでバンブーエールに騎乗して勝利し、武豊の持つ新人年間最多勝記録(69勝)に並んだ。そして10月25日の福島競馬場第1競走2歳未勝利(芝1200m)で所属の河野厩舎アドバンスヘイローに騎乗して70勝目をあげ、新人年間最多勝記録を更新した。
引用元: 三浦皇成 – Wikipedia.

基礎課程の終了した日の翌日(進級日)からは実践課程となる。実践課程の前期として10月から1年間、美浦と栗東のトレーニングセンターで、実際に厩舎スタッフの一員となり実習を行う。3年生の10月からは実践課程後期として、競馬学校で学習を行う。この時期には訓練の総まとめとして、中央競馬の競馬場のコースを使った模擬レースが行われる[13]。騎手免許試験の受験はこの時期に行われ、2月に口頭試問および技能試験と合格発表が行われる。卒業時に最も成績優秀だった生徒にはアイルランド大使特別賞(後述)が贈られる。
引用元: 競馬学校 – Wikipedia.