ヘルムート・「ラーン」 西ドイツ代表のFW 1954スイスW杯で決勝ゴール

026FffREmINYQ
西ドイツが初優勝した1954年の
サッカーW杯で活躍したFWで
W杯通算10得点を記録したのは
ヘルムート・◯◯◯?
コルツ
ラップ
ハント
→ラーン
「ヘルムート・ラーン」

ヘルムート・ラーン(Helmut Rahn, 1929年8月16日 – 2003年8月14日)は、ドイツ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはフォワード。
>西ドイツ代表としては1954年のFIFAワールドカップ・スイス大会、1958年のFIFAワールドカップ・スウェーデン大会に出場するなど国際Aマッチ40試合出場21得点を記録した[1]。スイス大会決勝のハンガリー戦では0-2でリードされた状態から1点目の得点をアシスト。2-2の同点で迎えた後半終了間際にペナルティエリア外から左足で決勝点を決め同国を初優勝に導く活躍を見せた[2]。
引用元: ヘルムート・ラーン – Wikipedia.