デイエット 元日本ハムの外国人打者

036lLOnoTljMi
1988年に日本ハムに入団した
外国人バッターです
デイエット
Brian Kelly Dayett

ブライアン・デイエット(Brian Kelly Dayett , 1957年1月22日 – )は、アメリカ合衆国コネチカット州出身の元プロ野球選手(外野手)。1988年~1991年まで日本ハムファイターズに所属した。
>1988年に日本ハムファイターズに入団。球団としては異例の4年契約を結び、前年35本塁打のトニー・ブリューワ、中日ドラゴンズから移籍の大島康徳とのクリーンナップに期待が集まったが、その構想は開幕前にあえなく崩壊。ブリューワは腰痛で1年を棒に振り、デイエットも開幕直前に右足の付け根部分を痛め、結局この年は35試合出場にとどまり期待を裏切った。しかしチームは、途中入団のマイク・イースラーとこの年急成長を遂げた田中幸雄の活躍で辛うじてAクラスを死守。
>デイエットの日本ハムでの応援歌は『いい湯だな』の節にのせて「ババンババンバンバン、デイエット」というものだった。また、応援団からは「デイエット、ダイエットしろ!」とのヤジが飛ぶことがしばしばあった。
引用元: ブライアン・デイエット – Wikipedia.