ザンブラーノ 2006ナ・リーグ最多勝 ベネズエラ出身 Big Z

034FIrSRpCXob
2006年にナ・リーグ最多勝を
受賞した投手です
ザンブラーノ

カルロス・アルベルト・ザンブラーノ(Carlos Alberto Zambrano, 1981年6月1日 – )は、ベネズエラ・ボリバル共和国カラボボ州プエルトカベジョ出身の元プロ野球選手。投手、右投両打。ニックネームは “Big Z”。
>2006年にはベネズエラ代表として第1回WBCに出場。初戦・ドミニカ共和国戦での登板を希望したが、同じ先発投手のヨハン・サンタナもまた、その試合で投げることを望んだため、サンタナが先発しザンブラーノが救援することに。その試合ではエイドリアン・ベルトレに3点本塁打を浴びたが、ザンブラーノはこの試合を大会で一番の思い出に挙げ、次回大会への出場も希望した[6]。同年のMLBレギュラーシーズンでは、7月中に6勝を挙げ、月間防御率が4.15ながら月間最優秀投手賞を受賞。9月4日の登板では背中を痛めたが、サイ・ヤング賞受賞の可能性があることを理由にその後も強行出場を続けた[7]。この年はチームが地区最下位に沈むなか、与四球がリーグ最多ながらシーズン通算16勝を挙げ、自身初タイトルとなる最多勝(他5投手とのタイ)を獲得。サイ・ヤング賞の投票では5位に入った。
引用元: カルロス・ザンブラーノ – Wikipedia.