佐野仙好(さののりよし) 1985セ・リーグ初代最多勝利打点

111QHwYjGyiiZ
1985年にセ・リーグの初代
最多勝利打点を受賞した選手
佐野仙好
さののりよし

佐野 仙好(さの のりよし、1951年8月27日 – )は、群馬県高崎市出身の元プロ野球選手(外野手)。現在は、阪神タイガースの統括スカウトの役を担っている。[1]
愛称は名前を音読みした「センコー」。
>プロ入り当初は同期入団の掛布雅之と三塁手のレギュラーを争ったが、佐野はレギュラー争いに敗れ、1977年から外野手に転向した。このライバル関係は佐野の現役活動の基本トーンとなる。
レギュラーに定着してからは勝負強い打撃を見せ、1981年には制定初年度の最多勝利打点(15)のタイトルを獲得した。1985年のチームの優勝の際には6番・レフトとして活躍し、5月20日の対読売ジャイアンツ戦では5点ビハインドの場面で槙原寛己から代打満塁本塁打を放ち、逆転勝利に貢献した。そして、10月16日の対ヤクルトスワローズ戦では優勝を決定付ける同点犠飛を放った。
佐野は、1989年の引退に際して記者に野球生活の総括を求められると掛布の名を挙げ「あいつのおかげでここまでやれた。あいつに負けたくないという気持ちがあったから必死になれた。あいつのおかげ」と言うのに終始している程である。
引用元: 佐野仙好 – Wikipedia.

長生きした末、魂がからだから抜け去って空中に帰した者。 人間界を避けて山中にはいり、霞カスミと露とを食べて、不老不死の術を修行した者。 仙人センニンの気風を備えた人。世俗を離れた人。 死のこと。 セント。アメリカ合衆国の貨幣の単位。
>他の読み
たかし のり ひさ ひと
引用元: 仙(セン,たかし,のり,ひさ,ひと)の意味や読み,書き順,仙を含む女の子の名前 | みんなの名前辞典 – ここの姓名判断(名前占い)はよく当たる! 男の子や女の子の名前を探そう.