2021移籍で空番

Jリーグのセレッソ大阪で
森島寛晃、香川真司、清武弘嗣、
柿谷曜一朗が代々つけてきた
背番号といえば何番?
7番
9番
11番
8番(答)
47%

セレッソ大阪のレジェンドが繋いだエースナンバー背番号8
引用元:セレッソ大阪のレジェンドが繋いだエースナンバー背番号8|【SPAIA】スパイア https://spaia.jp/column/soccer/jleague/5109

柿谷 曜一朗(かきたに よういちろう、1990年1月3日 – )は、大阪府大阪市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・名古屋グランパス所属。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。元日本代表。

妻はタレントの丸高愛実[3] 。

セレッソ大阪(第3次)
2016年よりC大阪に完全移籍により加入した[2]。なお、バーゼルとは昨夏から4年契約を結んでいたが、1年でのJ1昇格に失敗したC大阪側が復帰を要請した事と柿谷が出場機会を求めていた事でクラブ間交渉が成立したと思われる[36]。背番号は移籍前につけていた「8」となる[37]。

名古屋グランパス
2021年シーズンより、名古屋グランパスへ完全移籍[45][46]。4月11日、第9節の大分トリニータ戦で移籍後初ゴールを決めた[47]。
引用元:柿谷曜一朗 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%BF%E8%B0%B7%E6%9B%9C%E4%B8%80%E6%9C%97