Crashgate

2009年にルノーを解雇されたため
その前年のシンガポールGPで
意図的な事故を起こしたとチーム
を告発したF1レーサーは?
ヘイキ・コバライネン
ロマン・グロージャン
ネルソン・ピケJr.(答)
セバスチャン・ブルデー
38%

012ENXXIaSPGZ
次のエフワン世界王者と
デビュー時の在籍チームの
正しい組み合わせを選びなさい
ナイジェル・マンセル───ロータス
ネルソン・ピケ───エンサイン
アラン・プロスト───マクラーレン
引用元:F1世界王者とデビュー ナイジェル・マンセル「ロータス」ネルソン・ピケ「エンサイン」アラン・プロスト「マクラーレン」 https://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/3559/

ネルソン・ピケJr.(Nelson Piquet ジュニア、 1985年7月25日 – )は、ブラジル国籍のレーシングドライバー。本名はネルソン・アンジェロ・タムスマ・ピケ・ソウト・マイオール(Nelson Ângelo Tamsma Piquet Souto Maior)。ネルソン・アンジェロ・ピケ(Nelson Angelo Piquet)あるいは、ネルシーニョ・ピケ(Nelsinho Piquet)とも呼ばれる。(GP2、A1GP参戦時の登録名は「Nelson Piquet Junior」。F3参戦時は「Nelson A. Piquet」。フォーミュラ1参戦時の登録名は「Nelson Piquet」)

主に「F1」や「フォーミュラE」などで活動した。父は3度のF1ドライバーズチャンピオンを獲得したネルソン・ピケ。

その後の8戦でも目立った活躍は見られず、逆にミスが目立ち、シーズン途中の解雇も噂された[1][2]。第15戦シンガポールGPでは14周目にクラッシュを喫したが、これによりセーフティカーが導入されたことがチームメイトのアロンソに有利に働き、アロンソは15位スタートから優勝。思わぬ形でチームに貢献する結果となった。当初はコントロールミスによるクラッシュが計らずもチームとアロンソに貢献したと見られていたが、後にこのレースの真実が露見しF1界に激震を走らせる重大な事件となる(※:詳細は後述のクラッシュゲートを参照)。

9月10日、この事件がピケJr.本人がFIAに対して告発したことによるものであることが判明した。これは、ピケJr.が7月30日に提出した供述書のコピーがメディアに流出したことで明確になったためである[7][8]。供述書によると、チームの首脳フラビオ・ブリアトーレとパット・シモンズとピケJr.の3者間で、事前に意図的なクラッシュを実行する周回数や場所を打ち合わせたとされる。ピケJr.の説明によると、ブリアトーレ、シモンズの両名から従うならばF1のシートを保障し、従わない場合はF1のシートを保障しかねると半ば脅迫染みた内容の命令を受けたという[9]。供述書の他にも、クラッシュの際のテレメトリーデータ[10]や、チーム無線の交信内容[11]がメディアへ流出した。
引用元:ネルソン・ピケJr. – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%94%E3%82%B1Jr.

ピケッティング(英: picketing)は、ストライキが行われている事業所等に労働者の見張りを置き、スト破り(スキャッブ、scab)の就労阻止、他の労働者へのストライキ参加の促進、一般人へのストライキのアピール等をする行為を言う。日本語ではピケと略されることが多い。語源のピケット(picket)は監視員の意味である。
引用元:ピケッティング – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0