福島県Jヴィレッジ出発

2021年3月に開始した東京五輪の
聖火リレーで第1走者となった
なでしこジャパンで、実際に
トーチを持って走ったのは誰?
澤穂希
岩清水梓(答)
永里優季
川澄奈穂美
29%

日本サッカーのナショナル
トレーニングセンターで
「J-STEP」があるのは?
静岡県(答)

福島県
長野県
大阪府
43%

引用元:【福島】Jヴィレッジ【大阪】J-GREEN https://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/54447/

岩清水 梓(いわしみず あずさ、1986年10月14日 – )は、岩手県滝沢市出身の女子サッカー選手。日テレ・東京ヴェルディベレーザ所属。ポジションはディフェンダー。日本女子体育大学出身[2]。ワタナベエンターテインメント所属。
引用元:岩清水梓 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E6%B8%85%E6%B0%B4%E6%A2%93

2020年東京オリンピックの聖火リレー(2020ねんとうきょうオリンピックのせいかリレー)では、2020年から2021年にかけて行われた東京2020オリンピック競技大会の聖火リレーについて記載する。

2020年3月12日にギリシャオリンピアで採火され、3月20日に日本に到着後は宮城県、岩手県、福島県で展示されたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行の影響で延期となった。翌年3月25日に福島県のJヴィレッジを出発し、121日をかけて全国857市区町村を回り、7月23日の開会式で点火された。

2020年東京オリンピックの聖火リレーでは、それぞれの地方で「聖火リレー」というイベントを開催して回るという形になっている[11]。1964年の東京オリンピックでは文字通り聖火リレーで聖火を運んだため走者の数も10万人を超えたが、2020年の東京オリンピックでは大部分の行程を車で運ぶため、走者の数も1/10程度の1万人程度と大幅に削減された。ルートに指定された自治体では2-3kmほどを聖火ランナーが運び、あとは車で運搬され次の自治体に移動する[11]。1人あたりの距離は200メートルと決められており、走行時間の目安は2分間とされている[11]。

走者が運ぶのは消えても構わない分身ともいえる火であり、聖火の種火自体はランタンに入れられて車で併走される。雨や風などのトラブルによりトーチの火が消えてしまった場合、ランタンから種火を移す形でリレーは継続される。
引用元:2020年東京オリンピックの聖火リレー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/2020%E5%B9%B4%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AE%E8%81%96%E7%81%AB%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%83%BC