【MVPも】福岡堅樹

次のラグビーのポジションと
ジャパンラグビートップリーグ
2021年のベスト15の受賞者の
正しい組み合わせを選びなさい
フランカー─ピーター・ラブスカフニ
スタンドオフ─ボーデン・バレット
WTB─福岡堅樹
17%

2020年7月にサントリー
サンゴリアスに入団した
ニュージーランド代表の
SOはボーデン・◯◯◯◯?
コスオズバ
ガッレート
バレット(答)
46%

引用元:【来日】サバティカル https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/60072/

ジャパンラグビートップリーグは、日本における社会人ラグビーユニオン(15人制)の全国リーグである。名称に「リーグ」が含まれるが、13人制のラグビーリーグの競技会ではない。以前の各地域リーグと全国社会人ラグビーフットボール大会が発展解消し、2003-2004シーズンから発足し、2021年シーズンまで行われた。16チームによるリーグ戦、リーグ戦上位4チームによるトーナメントのトップリーグプレーオフからなる。秩父宮ラグビー場、東大阪市花園ラグビー場など全国各地で行なわれていた。

その後2021年5月に、コカ・コーラレッドスパークスが2021シーズンを最後に活動を終了し、新リーグ加盟申請を取り下げて事実上休部に入ることが発表された[18]。
引用元:ジャパンラグビートップリーグ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0

福岡 堅樹(ふくおか けんき、1992年〈平成4年〉9月7日 – )は日本のラグビー選手。

人物
福岡県古賀市出身。
主なポジションはウィング (WTB)

選手として最後のシーズンの2021年はジャパンラグビートップリーグ2021に参加した。「負けたら引退」ということで臨んだプレーオフトーナメントでも活躍し、5月23日の決勝戦(対サントリー・秩父宮ラグビー場)では5試合連続となるトライを決め、チームを5年ぶりの優勝に導いた。また、この試合は第58回日本ラグビーフットボール選手権大会の決勝を兼ねていたため、高校大学社会人を通じて自身初の日本一となり有終の美を飾った[17]。翌24日に行われたトップリーグの年間表彰式で初の最優秀選手(MVP)に選ばれた。また、ベストフィフティーンにも選出された[18]。
引用元:福岡堅樹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E5%B2%A1%E5%A0%85%E6%A8%B9

ピーター・ハーミアス・コーネリアス “ラピース”・ラブスカフニ(Pieter Hermias Cornelius ‘Lappies’ Labuschagné、1989年1月11日 – )は、トップリーグクボタスピアーズに所属するラグビー選手。

プロフィール
南アフリカ、プレトリア出身。
ポジションはフランカー(FL)。

2019年7月27日に行われたパシフィック・ネーションズカップフィジー戦にて先発出場で日本代表初キャップを獲得した[8]。また同年8月、ラグビーワールドカップ2019の日本代表に選出された[9]。ワールドカップでは日本の全5試合に出場し、第2戦アイルランド戦と第3戦サモア戦ではリーチマイケルに代わりゲームキャプテンを務めた。

受賞歴
2020-21トップリーグベスト15
引用元:ピーター・ラピース・ラブスカフニ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%96%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%95%E3%83%8B

ボーデン・バレット(Beauden Barrett、1991年5月27日 – )は、ジャパンラグビートップリーグ・サントリーサンゴリアスに所属するラグビー選手。

プロフィール
ニュージーランド・ニュープリマス出身[1]。
ポジションはスタンドオフ(SO)。

2021年2月21日にジャパンラグビートップリーグ第1節三菱重工相模原ダイナボアーズ戦に先発出場で日本での公式戦初出場を果たす[12]。

受賞歴
年間最高トライ賞: 2013年
ワールドラグビー年間最優秀選手賞: 2016 – 2017年
ジャパンラグビートップリーグ得点王: 2021年 [13]
ジャパンラグビートップリーグベストフィフティーン: 2021年
引用元:ボーデン・バレット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88