【MLB Advanced Media】スタットキャスト

2017年のワールドシリーズで
アストロズを優勝に導いた理論は
◯◯◯ボール革命?
◯を答えなさい
フライ(答)
45%

フライボール革命
野球の打撃理論で、安打の確率を上げるためにゴロではなく球を打ち上げることを推奨するもの。米大リーグでは2015年から、選手の投球速度や打球飛距離、投球の回転数などを数値化する「スタットキャスト」システムが導入されたが、打球速度が時速約158キロメートル以上で角度が26〜30度のとき、安打になる確率が8割以上になることが同システムによって判明した。この理論を実践して本塁打を量産したヒューストン・アストロズが17年のワールドシリーズを制したことや、打者に応じて守備位置を偏らせる「守備シフト」の隆盛でゴロでの安打が生まれにくくなったことでこの理論が広まった。
(2019-3-7)

出典 朝日新聞出版知恵蔵mini
引用元:フライボール革命とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%9D%A9%E5%91%BD-2098238

スタットキャスト(英: Statcast)は、アメリカ合衆国のメジャーリーグベースボール(MLB)で導入されているデータ解析ツールであり、ステレオカメラやレーダーを使用して選手やボールの動きを高速・高精度に分析するためのもの。MLBアドバンストメディア(英語版)社によって開発され、2015年にMLBのすべての本拠地球場に導入された[1][2]。

影響
セイバーメトリクスなどに代表される従来の統計学的なデータ分析では、蓄積されたプレーの結果から算出されたデータを基に、チーム編成や新人発掘、あるいは相手選手への対応策の研究といった「選手の評価」を行うのが主流であった[6][7]。しかし、スタットキャストは、レーダーを利用したトラッキングシステムによって、投球や打撃、走塁、守備といった選手のプレーやボールの「動き」を直接的かつ瞬時に測定し数値化したものをデータとして算出するため[8][9]、セイバーメトリクスとの併用によるより高度な「選手の評価」の実現はもちろんのこと、その分析によって「選手のパフォーマンスや能力そのものの改善」にも活用することができる[10][11]。

打撃への影響
スタットキャスト導入の影響として最も代表的とされるのが、新たな打撃理論「フライボール革命(fly ball revolution)」の流行である。
スタットキャストを用いて打者のスイングや打球角度・速度を計測し分析した結果、長打、特に本塁打になる確率が高くなる打球の条件として「打球速度158km/h以上、打球角度30度前後」という数値が算出され、これはスタットキャストによる新たな指標「バレル(Barrel)」[12]、あるいは「バレルゾーン」の名で広く知られることとなった[4]。
そして、バレルの打球を打つための選手の試みとして「打球角度を上げる」ことが追求されるようになり、そのためにこれまで通例的に禁忌とされてきたアッパースイングを積極的に採用する打者が増加[6]。「長打の確率を高めるために積極的に飛球を狙い打つ」という新たな打撃理論は「フライボール革命」として2017年頃よりMLB全体に広がり、実際に2017年シーズンにおいては、MLB史上初めて6000本を超える本塁打が記録されている[13]。これを受け、日本プロ野球などでも取り入れる選手が増加傾向にある[6]。
引用元:スタットキャスト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88

MLB Advanced Media (MLBAM) is a limited partnership of the club owners of Major League Baseball (MLB) based in New York City and is the Internet and interactive branch of the league.

Robert Bowman, former president and CEO of MLBAM, indicated in May 2012 that MLBAM generates around $620 million a year in revenue.[2] Forbes went as far as calling the company “the Biggest Media Company You’ve Never Heard Of”.[3]

The company operates the official web site for the league and the thirty Major League Baseball club web sites via MLB.com, which draws four million hits per day. The site offers news, standings, statistics, and schedules, and subscribers have access to live audio and video broadcasts of most games. The company also employs reporters, with one assigned to each team for the season and others serving more general beats. MLB Advanced Media also owns and operates BaseballChannel.tv and MLB Radio.
引用元:MLB Advanced Media – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/MLB_Advanced_Media