【CMLL】ウルティモ・ドラゴン

次の覆面レスラーのうち
新日本プロレスでデビューした
ものを全て選びなさい
獣神サンダー・ライガー(答)
ムシキング・テリー【ノア】
ドラゴン・キッド【CMLL】
54%

117Vkrnoxn
2012年2月にプロレス団体・
ノアに登場した覆面レスラーは
「◯◯◯◯◯谷口」?
ボャシンン
キトバッハ
スリプテグ
マイバッハ(答)
「マイバッハ谷口」

CIMG3973
2011年に新日本プロレスに
登場した覆面レスラーは
◯◯◯◯◯・ニュージャパン?
スリシテグ
ボトロョハ
マイバンイ
キャプテン(答)
「キャプテン・ニュージャパン」
引用元:「マイバッハ谷口」ノアの覆面レスラー 谷口周平 「キャプテン・ニュージャパン」新日本プロレスの覆面レスラー 平澤光秀 https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/21341/

065icdGFZRqdT
次のうち、1979年に開催された
「プロレス夢のオールスター戦」
に選手を派遣したプロレス団体を
全て選びなさい
国際プロレス(答)
新日本プロレス(答)
全日本プロレス(答)
東京プロレス
全日本女子プロレス
引用元:「国際プロレス」「全日本プロレス」「新日本プロレス」 1979「プロレス夢のオールスター戦」 https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/8877/

1972年3月設立と、現存する
日本のプロレス団体で最も長い
歴史を誇るのは新日本プロレス
である
◯(答)
53%

引用元:【新日】1972.3.6-【全日】1972.10.21- https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/58723/

獣神サンダー・ライガー(じゅうしんサンダー・ライガー、Jushin Thunder Liger、1964年11月10日 – )は、日本の元プロレスラー。YouTuber。

覆面レスラーであり、引退後もプロレス解説者、タレントとして覆面をかぶり続けている。最終所属は新日本プロレス。その正体は山田 恵一(やまだ けいいち、1964年11月10日 – 11月30日生まれは間違い)であるが[2][3]、週刊プロレスの選手名鑑では非公開となっている。出身地は永井豪宅もしくは広島県広島市[1]。通称は「世界の獣神」。血液型AB型。

2020年1月5日の新日本プロレス東京ドーム大会にて最後の試合を行い現役を引退、引退式は1月6日に実施された。

息子は歌手でアイドルグループStar☆Princeの一員である桐野貴[4]。

1989年4月24日、東京ドームでアニメ「獣神ライガー」とのタイアップ企画で獣神ライガーが小林邦昭戦でデビューした。ライガースープレックス(獣神原爆固め)で勝利を収めると、翌月の5月25日には馳浩を破り、IWGPジュニアヘビー級王座を獲得し第9代王者となった。
引用元:獣神サンダー・ライガー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8D%A3%E7%A5%9E%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%BC

ムシキング・テリーは、ムシキング研究所所属でプロレスリング・ノアを主戦場とする覆面レスラー[1]。

出身地、身長、体重などのデータは全て不明とされていたが、2005年9月の興行から身長と体重が公表された。セガ(後のセガホールディングス)[2]とノアの提携により生まれたレスラーで、セガ(後のセガ・インタラクティブ)のアーケードトレーディングカードゲーム「甲虫王者ムシキング」がギミック設定のベースとなっている。

誕生
ムシキング研究所のネブ博士と仲の良い三沢光晴が、ムシキングカードバトルに出場し、ネブ博士と敵対関係にあるブラック博士と対戦。ブラック博士の反則殺法により敗退した三沢が、ムシキング研究所特訓を開始。その時、ある一人の選手がたまたま入った部屋においてあったマスクを被ると不思議な力が宿り、ムシキング・テリーが誕生した。

その後のカードバトルでテリーに負けたブラック博士が2005年7月18日、プロレスリング・ノアの東京ドーム大会に刺客として送ったブラック・マスクことムシキング・ジョーカーとデビュー戦を行った。
引用元:ムシキング・テリー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%82%B7%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC

ドラゴン・キッド(1976年2月2日 – )は、日本の男性覆面レスラー。DRAGON GATE所属。血液型A型。

本名は非公開であるがデビュー以前の過去の経歴は公開しており、正体は元FMWのレフェリーの中村 伸能(なかむら のぶよし)。

経歴
1994年4月10日、JWA東海プロレスで中村伸能としてアマチュアデビュー。しかし、デビュー直後にJWA東海プロレスを退団し、FMWに入団してレフェリーを務めていた。しかし、プロレスラーになる夢を捨てきれず、遠縁の新崎人生の紹介でウルティモ・ドラゴンが設立した闘龍門の1期生としてメキシコへ渡り、ウルティモから後継者に指名されてマスクを授かった。1997年11月14日、ドラゴン・キッドとしてCMLLでプロデビュー。
引用元:ドラゴン・キッド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%89

ウルティモ・ドラゴン(Último Dragón[1]、1966年12月12日 – )は、日本の男性覆面レスラー。本名:浅井 嘉浩(あさい よしひろ)[2]。愛知県名古屋市港区出身。血液型B型。DRAGON GATE所属。

日本だけでなくアメリカやメキシコでも著名な存在。得意技の1つ「ラ・ケブラーダ」はアメリカプロレス界では「アサイ・ムーンサルト」と呼ばれているが、技名は自身の本名「浅井」から取られている。

ザ・グレート・サスケ、スペル・デルフィンと並びジャパニーズ・ルチャの立役者の1人。

プロレスラーの奥田啓介は甥にあたる[3]。

1990年、ユニバーサル・プロレスリング旗揚げに参加し[2]、エースとして団体を引っ張る。1991年にオファーを受けて9月にEMLL(現:CMLL)に移籍し[2]、10月18日、覆面レスラー「ウルティモ・ドラゴン」に変身しアレナ・メヒコに登場した[2]。当時EMLLがWWF(現:WWE)と提携関係にあったことから、日本国内でもWWFと業務提携していたSWSに主戦場を移し12月にSWSの東京ドーム大会に参戦、これがウルティモ・ドラゴンに転身後において日本初試合となった[2]。
引用元:ウルティモ・ドラゴン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A2%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3