日本人初2階級制覇「ファイティング原田」(フライ級バンタム級) 3階級制覇「亀田興毅」(ライトフライ級フライ級バンタム級)

039PKjfYNkxvK
040JGkLKRrtKr
日本人プロボクサーで初めて
世界2階級制覇を達成したのは
ファイティング原田ですが

世界3階級制覇を達成したのは?
ひらがなで答えなさい
かめだこうき(答)
亀田興毅

ファイティング原田(ファイティングはらだ、男性、1943年4月5日 – )は、日本の元プロボクサー。本名は原田 政彦(はらだ まさひこ)。ファイティング原田ジム会長。第10代日本プロボクシング協会の会長で現在は同顧問。プロボクシング・世界チャンピオン会最高顧問。
>世田谷区立深沢中学校在学中に友人に誘われ、米穀店に勤務しながら猛練習で知られる笹崎ボクシングジムに入門。
ラッシングパワーを武器に、世界フライ級・バンタム級の2階級制覇(日本人初)をした名王者。多くの専門誌が「歴代最も偉大な日本人ボクサー」として原田の名前を挙げている。
引用元: ファイティング原田 – Wikipedia.

亀田 興毅(かめだ こうき、男性、1986年11月17日 – )は、日本のプロボクサー、実業家。大阪府大阪市西成区天下茶屋出身。
第21代WBA世界ライトフライ級王者。第36代WBC世界フライ級王者。第91代WBA世界バンタム級王者。
日本人初の世界3階級制覇王者。
亀田三兄弟の長男で、亀田大毅・亀田和毅は実弟、亀田姫月は実妹、亀田史郎は実父である。左利き。亀田プロモーション代表取締役社長。
>2010年12月26日、アンセルモ・モレノのスーパー王座認定に伴い元WBA世界スーパーフライ級王者アレクサンデル・ムニョスとWBA世界バンタム級王座決定戦を行い、3-0(116-109、115-111、117-109)の判定勝ちを収め、WBA世界ライトフライ級王座、WBC世界フライ級王座に続き、WBA世界バンタム級王座の獲得に成功し、日本人選手としては初となる世界王座3階級制覇を達成した[5]。さらに、長谷川穂積以来となる飛び級による複数階級制覇も同時に達成した。同年2月7日に弟・大毅がWBA世界フライ級王座を獲得したことで「日本人初の兄弟王者」となっていたが、この日の自身の王座獲得で「日本人初の同時兄弟王者」も果たした。
引用元: 亀田興毅 – Wikipedia.

複数階級制覇(ふくすうかいきゅうせいは)とは異なる複数の階級で王座を獲得することを呼ぶ。主にプロボクシングで使用され、2階級で王座を獲得した場合は2階級制覇、3階級なら3階級制覇などと呼ばれる。
引用元: 複数階級制覇 (ボクシング) – Wikipedia.