【2017-】エデルソン

次のサッカー選手を
イングランドのクラブ
マンチェスター・シティで
正GKを務めた順に選びなさい
カスパー・シュマイケル
クラウディオ・ブラボ
エデルソン
35%

カスパー・シュマイケル(Kasper Schmeichel, 1986年11月5日 – )は、デンマーク出身のサッカー選手。プレミアリーグ・レスター・シティFC所属。ポジションはGK。デンマーク代表。

元デンマーク代表GKのピーター・シュマイケルは実父。

2002年、父・ピーターのイングランド復帰と同時にマンチェスター・シティFCのユースへ移籍。トップチーム昇格後は下部リーグへのレンタル移籍を繰り返していたが、2007-08シーズン開幕前に、正GKアンドレーアス・イサクソンと、控えGKジョー・ハートが共に怪我で離脱したため、開幕戦のウェストハム・ユナイテッドFCでスタメン出場を果たし、0-2の完封で押さえスヴェン・ゴラン・エリクソン監督の期待に応える活躍を見せた。開幕後も一時期は正GKの座を掴んだが、その後ジョー・ハートにポジションを奪われた。
引用元:カスパー・シュマイケル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB

クラウディオ・アンドレス・ブラーボ・ムニョス(Claudio Andrés Bravo Muñoz、1983年4月13日 – )は、チリ・ブイン出身のサッカー選手。レアル・ベティス 所属。チリ代表。ポジションはゴールキーパー。「クラウディオ・ブラボ」と表記されることもある。

しかし、マルク=アンドレ・テア・シュテーゲンとのGKローテーション制に不満を持ち、2016年8月、FCバルセロナの元監督であるジョセップ・グアルディオラの誘いもありマンチェスター・シティFCに移籍が決定[7][8]。開幕当初はスタメンとしてプレーしていたが、枠内シュートでの被弾率がリーグワーストを記録するなど低調なパフォーマンスが目立ち、シーズン後半は控えに降格。更に2017年夏にエデルソンが加入して以降は、第2GKに降格。2020年8月19日に契約満了で退団した[9]。

2020年8月30日、レアル・ベティスと2年契約を結んだ[10][11]。
引用元:クラウディオ・ブラーボ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%9C

エデルソン・サンタナ・ジ・モライス(Ederson Santana de Moraes, 1993年8月17日 – )は、ブラジル・サンパウロ州オザスコ出身のサッカー選手。プレミアリーグ・マンチェスター・シティFC所属。ブラジル代表。ポジションはゴールキーパー。
引用元:エデルソン・サンタナ・ジ・モライス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B9