【2000-2019】フローニンゲン、PSV、チェルシー、レアル、バイエルン

2020年6月に元サッカー
オランダ代表のアリエン・
ロッベンが現役復帰した
サッカークラブはどこ?
ヘーレンフェーン
ユトレヒト
フローニンゲン(答)
トゥエンテ
61%

アリエン・ロッベン(Arjen Robben (オランダ語発音: [ˈɑrjən ˈrɔbə(n)] ( 音声ファイル)), 1984年1月23日 – )は、オランダ・フローニンゲン州ベドゥム出身のサッカー選手。エールディヴィジ・FCフローニンゲン所属。元オランダ代表。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。

日本では”ベ”と”ペ”の発音および表記が似ているため、ロッペンと誤記されることがある。ファーストネームのカナ表記はやや困難だが、音節分けはAr/jenなため、本来の発音はアルイェン、アルジェンに近い。

2018年12月、今シーズン限りでバイエルンを退団することを発表した[23]。5月18日リーグ最終戦のフランクフルト戦では交代出場からブンデスリーガ通算99点目となる惜別のゴールを決めた。JリーグやMLSへの移籍が噂されたが、2019年7月、現役引退を発表した[24]。バイエルンではブンデスリーガ通算201試合出場99ゴール62アシスト。8度のブンデスリーガ制覇、5度のDFBポカール制覇、2012-13シーズンのチャンピオンズリーグ制覇に貢献した[24]。

FCフローニンゲン 
2020年6月、2020-21シーズンよりFCフローニンゲンで現役復帰をするために、数週間のトレーニングを行っていることが発表された[25]。2020-21シーズン、開幕戦となったPSV戦で先発出場したが、前半29分に負傷交代となった[26][27][28]。
引用元:アリエン・ロッベン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%99%E3%83%B3