2021プロフットボール殿堂入り

アメリカの大学アメリカン
フットボールで年間MVPに
与えられるハイズマン賞を
唯一DFで受賞した選手は?
チャーリー・ウォード QB
デズモンド・ハワード WR
エディ・ジョージ RB
チャールズ・ウッドソン(答)
31%

チャールズ・ウッドソン(Charles Cameron Woodson, 1976年10月7日 – )は、アメリカ合衆国オハイオ州フリーモント(英語版)出身のアメリカンフットボールの元選手である。コーナーバック、セイフティとして、NFLのオークランド・レイダース、グリーンベイ・パッカーズで18年間プレーした。

プロ入りまで
ミシガン大学でカレッジフットボールをプレーしたウッドソンは1997年、オフェンス、ディフェンスの両方で活躍し、チームの全米チャンピオン制覇に貢献した。ウッドソンはこの活躍により、この年のハイズマン賞を受賞した[1]。
引用元:チャールズ・ウッドソン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%BD%E3%83%B3

ハイズマン賞(ハイズマンしょう、The Heisman Memorial Trophy Award) は、カレッジフットボールの選手に贈られる、各年に最も活躍した選手に与えられる賞。名称は、往年のカレッジフットボール選手であり監督も務めたジョン・ハイズマン(英語版)に由来する。ハイズマン・トロフィーとも呼ばれる。

1934年にニューヨーク大学で活躍したエド・スミスをモデルにしたトロフィーは、ブロンズ製で高さ34.3cm、重さ11.3kgである[1]。

選考
ハイズマン賞トラスト(The Heisman Trophy Trust)[2]から贈られる、カレッジフットボールで最も活躍した選手を讃えるこの賞は、他のカレッジフットボールの賞とは違い、最高の栄誉であるとされる。選考は870の記者関係者票に加え、歴代受賞者票、一般投票の集計で決まるが、それぞれ1位から3位までを選出し、1位が3点、2位が2点、3位は1点でその結果を合計し決定される。

対象者に年齢制限はないが、過去の受賞者のほとんどは4年生で[3]、2007年の受賞者ティム・ティーボウは初の2年生での受賞者となった[3][4]が2012年テキサス農工大学のQBジョニー・マンジール(英語版)が史上初めて1年生でハイズマン賞を受賞した。複数回の受賞者は1973年・1974年受賞のアーチー・グリフィン(英語版)のみである。毎年12月初旬にニューヨークのプレイステーション・シアター(英語版)で受賞者が発表される。発表会の模様はESPNで生中継される。

ハイズマン賞の受賞者は多くがドラフト上位で指名されプロ入りするが、他のアマチュアスポーツの賞と同様に、必ずしもプロでの活躍には繋がる訳ではなく[5]、大成せずに引退する選手も多い[6]。その反面、歴代の受賞者の中で8人が殿堂入りし、4人はスーパーボウルでMVPに輝いている[7]。

受賞者の大部分はオフェンスの選手、特にクォーターバックとランニングバックに偏っており、ディフェンスが本業の選手の受賞者は1997年のCBチャールズ・ウッドソンただ一人である[3]。
引用元:ハイズマン賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%9E%E3%83%B3%E8%B3%9E