【初代】前川和也

次のサッカー選手を
サンフレッチェ広島で
正GKを務めた順に選びなさい
前川和也
下田崇
佐藤昭大
中村洋次
西川周作
林卓人
38%

サンフレッチェ広島F.Cの選手一覧 (サンフレッチェひろしまエフシーのせんしゅいちらん)は、Jリーグ・サンフレッチェ広島F.Cに所属している選手・監督・コーチの一覧。
引用元:サンフレッチェ広島F.Cの選手一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A7%E5%BA%83%E5%B3%B6F.C%E3%81%AE%E9%81%B8%E6%89%8B%E4%B8%80%E8%A6%A7

前川 和也(まえかわ かずや、1968年3月22日 – )は、長崎県平戸市出身の元サッカー日本代表選手(GK[2])、サッカー指導者。現FCバイエルン・ツネイシ監督。息子の前川黛也もサッカー選手。

一方クラブチームでは、1997年まで正GKの地位を守るが、1998年に古傷の肩の手術を決行。出場機会を得た下田崇がレギュラーを奪ってしまったため出場機会が激減、2000年に大分トリニータへ出場機会を求めて移籍した。そのときの涙ながらの移籍発表会見は今でもサポーターの語り草となっている[要出典]。大分では正GKとして活躍し、翌2001年に完全移籍[4]、同年引退。
引用元:前川和也 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%89%8D%E5%B7%9D%E5%92%8C%E4%B9%9F

下田 崇(しもだ たかし、1975年11月28日 – )は、日本の元プロサッカー選手(GK)、指導者。広島市南区上東雲町出身。広島県立広島皆実高等学校卒業。元日本代表。

現サッカー日本代表・U-21サッカー日本代表のゴールキーパーコーチ。

現役時代
1994年、サンフレッチェ広島に入団[2]。同期入団は大西貴・桑原裕義。

同年に初めての年代別代表となるU-19日本代表に選ばれ本田征治の控えとしてAFCユース選手権にベンチ入り、翌1995年にはU-20日本代表に選ばれワールドユース・カタール大会に2試合出場[3]。同年にアトランタオリンピック出場を目指す五輪日本代表に選ばれ、川口能活の控えとして予選・本戦を通じて全試合にベンチ入りを果たす[3]。マイアミの奇跡もベンチで体験した[3]。

一方で広島では前川和也と河野和正の前に、なかなか出場機会が得られなかった。Jリーグデビューは1995年7月8日対浦和レッドダイヤモンズ戦、39分河野の負傷退場により途中交代で出場を果たす。1997年に河野が名古屋グランパスエイトへ移籍、翌1998年に前川が肩の手術により長期離脱したことにより、スタメンの地位を得た。久保竜彦・服部公太と共に期待の若手としてエディ・トムソン監督に高く評価され[4]、以降正ゴールキーパーとして歴代監督に信用され続けた。1998年1stステージ第1節から2001年第9節まで連続118試合フルタイム出場している[3][5]。レギュラーを奪われたくないため指を骨折した状況で試合出場したこともある[3]。
引用元:下田崇 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E7%94%B0%E5%B4%87

佐藤 昭大(さとう あきひろ、1986年8月30日 – )は、日本・三重県三重郡朝日町出身のサッカー指導者、元プロサッカー選手。ポジションは、GK。広島県立吉田高等学校卒業。

サンフレッチェ広島
2005年、トップ昇格[注 3]。同年10月15日FC東京戦において 下田崇の負傷退場により急遽出場、これがJリーグ初出場となった[3]。その後、下田は怪我によりシーズン絶望、リーグ戦の残り全試合でスタメン出場した。翌2006年以降、下田の前に出場機会が与えられなかった。

2007年、出場機会を求めて愛媛FCに期限付き移籍。リーグ戦2節から川北裕介を押しのけレギュラーを奪い28試合に出場したものの、自身の怪我やチーム状況からその後川北に再びレギュラーを奪われてしまった[3]。

2008年、広島に復帰。同年6月から正GKの下田と第2GKの木寺浩一の怪我による離脱に伴い、レギュラーとなり24試合に出場した[3]。しかし、2009年4月18日のJ1第6節対アルビレックス新潟戦にてペドロ・ジュニオールと激突し負傷退場[4]。右足後十字靭帯断裂により長期離脱となった[5]。その後は中林洋次にレギュラーを明け渡した。
引用元:佐藤昭大 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E6%98%AD%E5%A4%A7

中林洋次(なかばやし ひろつぐ、1986年4月28日 – )は、神奈川県横浜市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・横浜F・マリノス所属。ポジションはゴールキーパー。船橋市立船橋高等学校卒業。

2008年、GKに故障者が続出していたサンフレッチェ広島に期限付き移籍[4]。同年は出場機会が無かったものの、2009年もレンタル期間を延長して広島に残留。同年は下田崇および佐藤昭大の怪我による長期離脱に伴い正GKとして定着し、チームのリーグ4位に貢献した[5][3]。2010年に、広島に完全移籍[6] し、プロA契約選手に移行した[3]。しかしその後、大分トリニータから西川周作が加入し控えとなり、リーグ戦では33試合にベンチ入りしたものの出場機会は無かった[5]。西川が日本代表招集により不在となった試合は先発出場しており、10月10日のナビスコカップ準決勝第2戦対清水エスパルス戦では相手の攻撃を1失点に抑え、チームの決勝進出に貢献した[7]。2011年も西川の控えを務めた[5]。
引用元:中林洋次 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9E%97%E6%B4%8B%E6%AC%A1

西川 周作(にしかわ しゅうさく、1986年6月18日 – )は、大分県宇佐市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・浦和レッズ所属。登録ポジションはゴールキーパー。日本代表。既婚[2]。

サンフレッチェ広島
2010年は広島でレギュラーとして自身2年連続となるリーグ戦全試合に出場。

下田崇の引退により、2011年から再び背番号「1」をつけることになった。

2012年は4年連続となるリーグ戦全試合出場を果たし広島のリーグ優勝に大きく貢献した。同年、自身初のJリーグベストイレブンに選出された。

2013年はリーグ戦33試合に出場し、リーグ最少の29失点とクラブの連覇に大きく貢献した。天皇杯準決勝のFC東京とのPK戦では両チーム3人蹴り終わり1-3と絶体絶命の中、連続で相手のPKをセーブし、自身もPKを決めて大逆転でチームを決勝へと導いた[6]。
引用元:西川周作 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%B7%9D%E5%91%A8%E4%BD%9C

林 卓人(はやし たくと、1982年8月9日 – )は、大阪府茨木市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・サンフレッチェ広島所属。ポジションはゴールキーパー。金光大阪高等学校卒業。

サンフレッチェ広島
2001年、サンフレッチェ広島とプロ契約する。同期入団に河野淳吾・田中マルクス闘莉王・西嶋弘之・寺内良太・梅田直哉・李漢宰がいた[1]。2002年から下田崇の控え、2ndGKとなる。J1最終節対コンサドーレ札幌戦にて相手FW相川進也と接触した下田の負傷により途中出場(なおその後に相川も林と接触し交代している)、これが林のJリーグ初出場となった。この試合は曽田雄志にVゴールを許して敗戦、広島はJ2降格となった(なおこれがJリーグ史上最後のVゴールである)[2]。同年の天皇杯では下田の怪我によりレギュラーとして出場、広島を準決勝まで進出させる原動力となった[3]。2003年、下田が怪我から復帰すると全く出場機会が与えられなかった[4]。

サンフレッチェ広島(2次)
2014年、西川周作の浦和レッドダイヤモンズ移籍に伴い正GKを探していたサンフレッチェ広島に完全移籍[11]。10年ぶりの古巣復帰となった。同年開幕節の対セレッソ大阪戦(長居)で219試合連続出場を達成し、これまで服部公太が持っていたリーグ戦連続出場記録を更新した[12][注釈 2]。なお、林は同年第18節の対鹿島アントラーズ戦(カシマ)を欠場したため、この記録は235試合で止まっている。また、この記録は同年に鹿島の曽ヶ端準によって破られている[注釈 3]。

2015年、J1リーグ優勝に守護神として貢献。平均失点0.88、被シュート成功率6.5パーセントは、ともにリーグナンバー1。シーズン終盤には3本連続PKストップを見せた。
引用元:林卓人 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E5%8D%93%E4%BA%BA