【1961年6位】伊藤史朗【1963優勝】伊藤光夫

1930年に日本人として初めて
イギリス・マン島TTレースに
出場し、初参加して初入賞を
達成した伝説のライダーは?
健郎元二野
中蔵北田多
多田健蔵(答)
16%

012RQvQxgX
1907年からイギリスの
マン島で開催されている
マン島TTレースの
「TT」を略さずにいうと?
トラフィック・トロフィー
トライアル・トロフィー
ツーリング・トロフィー
ツーリスト・トロフィー(答)
39%

286BEmBzoQ
伝説の日本人ライダー
スズキ
50ccクラス
日本人唯一のマン島TT優勝者
片山敬済 かたやまたかずみ
片山義美 かたやまよしみ
谷口尚己 たにぐちなおみ
伊藤光夫(答)
31%


伝説の日本人ライダー
16歳で「浅間火山レース」に優勝
小説『汚れた英雄』のモデル
マン島TTで日本人初の表彰台
伊東史朗(答)
いとうふみお
引用元:「伊藤光夫」マン島「ツーリスト」トロフィー 日本人唯一の優勝者 https://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/27419/

1968年の日本グランプリで 日産R381に乗って総合優勝
北野元
きたのもと(答)

多田 健蔵 (ただ けんぞう、1889年2月17日 – 1976年[1]) は、日本のオートバイレーサー。神奈川県秦野市出身。アジア人として初めてマン島TTレースに参加した。

大正時代に日本のオートバイ産業およびオートバイレースが著しく発展する。日本の急速に発展する産業に対する熱意を押し上げる目的で全国紙が後援し、50,000人もの観客を集めるようになった。多田はイギリスのオートバイ誌の影響を受けて、マン島TTレースの詳細を知る。1930年、ベロス社の招きでマン島TTレースに参加。海路朝鮮に渡り、シベリア鉄道でヨーロッパまで40日をかけて到着した(実際には14日ほどで欧州に到着し、遠征期間が40日だったという説もある[1])。彼は海外に亘った初の日本人ライダーとなった[3]。

ベロス社は自社モデルの世界的な人気を証明するため多田を参戦させた。アレック・ベネットのセミワークスベロセット・KTT350ccが与えられ[4]、多田は1ヶ月の練習期間の後レースに参加、ジュニアクラスで15位完走を果たした。レース中何度か落車したが、そのたびに再び乗車してレースを続けたことで「the India Rubber Man」と渾名された。

その後1958年に行われた第1回全日本クラブマンレース(全日本モーターサイクルクラブ連盟(MCFAJ)主催)では競技委員長を務めた。1960年にホンダ・スズキがマン島TTレースに参加する際は選手団と同行している。
引用元:多田健蔵 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9A%E7%94%B0%E5%81%A5%E8%94%B5

The 1930 Isle of Man Tourist Trophy was dominated by the Rudge marque. Despite problems in practice for Rudge and the new George Hicks designed four-valve over-head valve motor-cycles[1] the 1930 Junior TT was a closely contested race. At the end of the first lap, Charlie Dodson riding for Sunbeam led the Rudge of H. G. Tyrell Smith by only 4 seconds. On lap 2, a dead-heat was posted between Dodson and Tyrell Smith both completing the Snaefell mountain course in 1 hour, 3 minutes and 32 seconds.[2] At Kirk Michael on lap 3, Charlie Dodson retires with valve problems, leaving Tyrell Smith to win the 7 lap race at an average speed of 71.08 mph (114.39 km/h) from Rudge team-mates Ernie Nott and Graham Walker.

Notes
During practice, F C Isaacs from Jamaica, riding a Norton, suffers cut toes after hitting the Braddan War Memorial.[5] A flock of sheep at the 13th Milestone causes some problems to Jimmie Simpson riding a Norton.[6]

The Japanese rider Kenzo Tada crashes his Velocette into Ballaugh Bridge and suffers nothing more than bent handlebars.[6]
引用元:1930 Isle of Man TT – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/1930_Isle_of_Man_TT

TT 1930 RESULTS
TT 1930
Posn No Competitor Machine Time Speed
15 0 K Tada Velocette 4.04.15.0 64.89
引用元:Race Results – iomtt.com: The World’s #1 TT Website https://www.iomtt.com/tt-database/events/races?meet_code=TT30

伊藤 光夫 (いとう みつお、1937年1月1日 -2019年7月3日 ) は、静岡県磐田市出身の元モーターサイクル・ロードレースライダー[1]。

1963年に日本人として初めてマン島TTレース 50cc ウルトラ・ライトウェイトTTクラスで優勝を果たした。このときのマシンはRM63であった。伊藤は現在でも唯一の日本人勝者である[3]。その後は1967年の日本GPでも50ccクラスで優勝している[1]。現役引退後はデイトナレースの監督を務め、他にはMFJの技術委員も務めた。
引用元:伊藤光夫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E5%85%89%E5%A4%AB

伊藤 史朗 (いとう ふみお、1939年10月10日 -1991年3月10日 ) は、日本の元レーシングライダー。16歳の若さで浅間火山レースに出場しデビューウインを果たし、世界GPでも活躍を見せ、天才ライダーと評された。

なお名の「史朗」は「ふみお」と読むのが正しいが、親しい関係者は「しろう」と呼ぶ場合が多い。

石原慎太郎の小説『跳べ、狼』(1964年)の主人公は、伊藤がモデルであると言われる。伊藤と石原には親交があったと言われる。石原の弟の石原裕次郎も、伊藤と親交があったらしい。

大藪春彦の小説「汚れた英雄」(1969年)の主人公・北野晶夫は、伊藤がモデルという説がある(ただし作者の大藪はこれを否定している。実際同作品には晶夫とは別に伊藤自身が登場している)。また、大藪の短編「死のグランプリ」は伊藤の経歴をそのままなぞった伊村哲朗なるレーサーが1967年日本グランプリ (4輪)で活躍するという作品であった。
引用元:伊藤史朗 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E5%8F%B2%E6%9C%97

1963年、ヤマハは2年ぶりにGPロードレースに参戦した。投入マシンは空冷2ストローク2気筒を搭載するRD56だった。マン島TT、オランダ、ベルギー、日本の4レースに出場した。2年前1961年の初参戦のシーズンは、マン島TTレースで伊藤史朗が6位に入賞していたが、さらに上位を狙っての参戦だった。このマン島TTレースの250ccクラスで、ヤマハは迫力ある好レースを展開。2位に伊藤、4位に長谷川弘が入り「2ストロークのヤマハ強し」を示した。2ストロークレーサーがTTレースの250ccクラスの上位に入賞したのは、第2次世界大戦後初めてのことで、伊藤は日本人として初めてTTレースの表彰台に立った。
引用元:1963年 – レース情報 | ヤマハ発動機 https://global.yamaha-motor.com/jp/race/wgp-50th/race_archive/season1960_69/1963/

The 1961 Isle of Man TT races, the fourth round of the 1961 Grand Prix motorcycle racing season, involved five races on the Isle of Man TT Mountain Course on the Isle of Man. Three of the races were won by Mike Hailwood. He completed the six laps of the course in 2 hours, 15 minutes and 2.0 seconds at an average race speed of 100.61 mph to win the Senior TT race, after earlier winning the Ultra-Lightweight 125cc and Lightweight 250cc races[1] Phil Read won the 350cc Junior TT race, while Max Deubel and E.Hoerner won the Sidecar TT event.

1961 Isle of Man Lightweight TT 250cc final standings
5 Laps (188.65 Miles) Mountain Course.

Place Rider Number Country Machine Speed Time Points
1 United Kingdom Mike Hailwood United Kingdom Honda 98.38 mph 1:55.03.6 8
2 Australia Tom Phillis Australia Honda 96.56 mph 1:57.14.2 6
3 Federation of Rhodesia and Nyasaland Jim Redman Rhodesia Honda 93.09 mph 2:01.36.2 4
4 Japan Kunimitsu Takahashi Japan Honda 92.25 mph 2:02.43.2 3
5 Japan Naomi Taniguchi Japan Honda 88.90 mph 2:07.20.0 2
6 Japan Fumio Ito Japan Yamaha 87.88 mph 2:08.49.0 1
引用元:1961 Isle of Man TT – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/1961_Isle_of_Man_TT

北野 元(きたの もと、1941年1月1日 – )は、元レーシングライダー、元レーシングドライバー。京都府京都市出身。

かつて高橋国光・黒澤元治と共に日産自動車追浜ワークスの三羽ガラスと呼ばれたこともある。

現在は二輪用のタイヤを扱うタイヤショップウルフ・モトを経営。ツインリンクもてぎ内の博物館ホンダコレクションホールに動態保存されている多くの2輪・4輪のレース用マシンを、イベントなどで走らせるドライバー役も務める。愛称キタさん(北さん)。血液型O型。

翌1960年にホンダワークスに加入[2]。わずか19歳で世界最高峰の難レースと言われたマン島TTレースに出場したのを始め、世界グランプリ(GP)レースに出場し活躍する。

1961年初めのデイトナスピードウィーク・US(アメリカ)GP(世界GPではないノンタイトル戦)250ccクラスで、マイク・ヘイルウッド(モンディアル)や伊藤史朗(ヤマハ)などの強豪を破り独走優勝。世界GP戦ではないものの、これは日本の選手および自動車(2輪4輪)メーカーにとって海外ビッグレース初優勝だった。

ただし同じ1961年のマン島TTの練習時[3]に転倒し重傷を負ってしまい、同年の大半を治療等に費やす結果になった。以後、この事故による重い後遺症を抱えた状態でレース活動を行うことになった[4]。

その後もホンダワークスライダーとして世界GPに出場するが、目立った成績は残していない。

1969年の「’69日本グランプリ」で日産・R382に乗り、同じR382の黒澤元治に次いで2位。1970年6月の「富士300マイル」でR382に乗り優勝。ただし折からのオイルショックや排ガス規制の波によって日産がレース活動を縮小したため、日産製プロトタイプマシンでの活動はこの70年が最後になってしまった。
引用元:北野元 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E9%87%8E%E5%85%83