長距離の聖地【ケニア】イテン【エチオピア】ベコジ

五輪の陸上競技・男子10000mを
2004年のアテネ、2008年の北京と
連覇したケネニサ・ベケレは
どこの国の陸上選手?
(画像出題)
エチオピアをタッチ(答)
46%


世界陸上選手権4連覇
エチオピアの男子陸上選手
アテネ、北京五輪の1万m制覇
5千m、1万mの世界記録保持者
ポール・テルガト
ヒシャム・エルゲルージ
ケネニサ・ベケレ(答)
アベベ・ビキラ
42%

引用元:「ケネニサ・ベケレ」5,000m及び10,000mWR アテネ・北京10,000m金 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/31955/


世界陸上選手権4連覇
モロッコの男子陸上選手
2004年アテネ五輪5000m優勝
2004年アテネ五輪1500m優勝
ヒシャム・エルゲルージ (答)

連想
エチオピアの男子陸上選手
史上初の五輪マラソン連覇
ローマ、東京五輪マラソン優勝
裸足のランナー
アベベ・ビキラ(答)

連想
福岡国際マラソンで3度優勝
エチオピアの男子陸上選手
2001年世界陸上マラソン優勝
シドニー五輪マラソン優勝
ゲザハン・アベラ(答)

連想
ケニアの男子陸上選手
2003年ベルリンマラソンで世界新
アトランタ五輪1万mで銀
シドニー五輪1万mで銀
ポール・テルガト(答)

ケネニサ・ベケレ(Kenenisa Bekele, 1982年6月13日 – )は、エチオピア出身の陸上選手。男子トラック長距離5000m・10000mおよび室内2000mの世界記録保持者。強い精神力とスピードを持ち、鮮烈なラストスパートで知られる。オリンピック・世界選手権では圧倒的な強さを見せて優勝を重ね、世界の頂点に君臨し続けている。

2004年は短期間に5000mと10000mの世界記録を更新した。アテネオリンピックでは、10000mでは残り4週からロングスパートを仕掛け、唯一付いてきた同じエチオピア出身のシレシ・シヒネに対しても、ラスト400mでさらにスパートを掛けて引き離し。初の金メダルを獲得。しかし二冠を期待されていた5000mではスローペースとなり、ラスト200mでスパートを仕掛けたものの、ラスト100mで本来、中距離走を専門とするヒシャム・エルゲルージのラストスパートに競り負けて、銀メダルに終わった。

2008年はバーミンガムで室内2マイルの世界記録を樹立し、エディンバラ世界クロスカントリー選手権でも序盤のアクシデントで先頭から大幅に遅れながらも追い付き、優勝した。北京オリンピックでは、5000mと10000mをともに制し、母国の先達ミルツ・イフターが1980年モスクワオリンピックで達成して以来となる男子長距離2冠に輝いた。
引用元:ケネニサ・ベケレ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%8D%E3%83%8B%E3%82%B5%E3%83%BB%E3%83%99%E3%82%B1%E3%83%AC

ベコジ (Bekoji アムハラ語: በቆጂ) はエチオピア中部オロミア州アルシ県にある町。 北緯7度35分東経39度10分、海抜2810mに位置する。 ルミナ・ビルビロ・ウォレダ(英語版)の中心地。 町はランガノ湖(英語版)の東56km、アセラ(英語版)の南50kmに位置し、イタリア植民地時代に建設されたゴバ(英語版)へ通じる全天候型道路沿いにある。 道路は2013年時点で、アセラからドドラ(英語版)を経由しゴバまでの全区間が舗装されている。 地元のランドマークはベコジの東にあるリエム・マリヤム教会 (Church of Liemu Maryam) である[1] 。

またベコジは多くの陸上競技選手の出身地として知られている。 デラルツ・ツル、ケネニサ・ベケレ、ティルネシュ・ディババ、ティキ・ゲラナらがこの町で生まれた。 ベコジの若い陸上競技選手たちが2012年のドキュメンタリー映画 Town of Runners に取り上げられた。
引用元:ベコジ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%B3%E3%82%B8

アディゼロ べコジ [ADIZERO BEKOJI SHOES]
自己最新記録を後押しする、高機能なメッシュアッパーシューズ。
このとびっきり軽量なランニングシューズで、自己最新記録にチャレンジしよう。サポート機能を効果的に配した、通気性のあるメッシュアッパーをあしらっている。TPUプレートがかかとからつま先までのスムーズな体重移動に貢献。柔軟なクッショニングは、バネのような反発力を持って、走りに推進力をもたらす。
引用元:【adidas公式通販】アディゼロ べコジ [Adizero Bekoji Shoes] [EF1453]|メンズ ランニング スポーツシューズ|アディダス オンラインショップ https://shop.adidas.jp/products/EF1453/

Iten is a town in Elgeyo-Marakwet County in the republic of Kenya. Iten serves as the capital and is the largest town in the County. The town is located along the road between Eldoret and Kabarnet at the junction of the road heading to Kapsowar. Elgeyo escarpment and Kerio River are located east of Iten. The town has a population of 42,312.[2]

Running community
St. Patrick’s High School is located in Iten. The school has, over the last 30 years, produced world-class long distance athletes. Alumni include Ibrahim Hussein, winner of three Boston Marathons and one New York City Marathon; Peter Rono, a 1988 Olympic gold medalist at 1,500 meters; Wilson Boit Kipketer, a 1997 world champion and 2000 Olympic silver medalist in the 3,000-meter steeplechase; Matthew Birir, 1992 Olympic gold medalist at the 3,000-meter steeplechase; and David Rudisha, 2012 Olympic gold medalist and world record holder at 800m. The coach of these athletes, Brother Colm O’Connell of Ireland, came to Iten in 1976 expecting to stay just three months. He has lived in Iten ever since.

Many athletes, including Rudisha, and world champions Edna Kiplagat, Florence Kiplagat, Lornah Kiplagat, Linet Masai, and Mary Keitany, have made homes in Iten. O’Connell is credited in starting the influx of female athletes to Iten in the early 1990s when he trained and hosted World Champion Sally Barsosio, Rose Cheruiyot, and world junior champion Lydia Cheromei (all of whom lived in O’Connell’s back garden houses).
引用元:Iten – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Iten

アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、自社開発の新ポリウレタン(以下PU)素材・「MEDIFOAM(メディフォーム)」を搭載し、新発想の”走るリカバリーシューズ”として市場に浸透中のランニングシューズ「MEDIFOAM」から待望のレースモデルとして「MELOS(メロス)」および「ITEN(イテン)」を2月28日(木)より発売を開始いたします。
引用元:アキレス、ランニングシューズ「MEDIFOAM」のレースモデル「MELOS(メロス)」と「ITEN(イテン)」を発売  :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP503968_Y9A220C1000000/