【korpi】A boreal forest type appearing on moist moraine soils

美人フィギュアスケート選手
キーラ・コルピは
ノルウェーの選手である
×(答)
54%

キーラ・リンダ・カトリーナ・コルピ=ボルヘス(フィンランド語: Kiira Linda Katriina Korpi-Borges, 1988年9月26日[1] – )は、フィンランド・タンペレ市出身[1]の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。

2006年トリノオリンピック・2010年バンクーバーオリンピックフィンランド代表、2012年欧州選手権2位、フィンランド選手権優勝5回。

人物
趣味はスノーボード、読書(好きな小説はハリー・ポッターシリーズ)、ヨーガ、バレエ、ダンスなど。好きな食べ物はアイスクリーム。語学が堪能で、公用語のフィンランド語、スウェーデン語に加えて、英語とドイツ語を話す。得意な学科は生物。高校の卒業試験と例年3月に開催される世界選手権の時期が重なってしまうため、4年かけて卒業した。現在は タンペレ大学に入学し、企業経営を学んでいる[3]。

自身がデザインするスポーツ衣料ブランドを持っている[4]。

父親のラウノ・コルピは有名なアイスホッケーのコーチで、1998年長野オリンピックではフィンランド女子チームを銅メダルへと導いた。
引用元:キーラ・コルピ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%94

korpi (Finnish)
Origin & history
The ultimate origin of the word is unknown. Cognates exist in Finnic languages: Estonian kõrb, Veps koŕb.
Noun
A boreal forest type appearing on moist moraine soils, characterized by dense growth of spruce as the dominating tree species and deep layer of moss as undergrowth. Korpi is often a transition zone between a drier kangas -type forest and various types of suo‎ (“swamp”).
A deep forest.
(colloquial) An area remote from dense population; backwoods, backwater, the sticks.
(obsolete) desert.