伝記『素直』

アテネ五輪を経て、一時期フル
代表にも選出された、右サイド
のアタッカーとしてFC東京で
長く活躍したMFは?
永悠康直石
川田平宏徳
石川直宏(答)
46%

石川 直宏(いしかわ なおひろ、1981年5月12日 – )は、神奈川県横須賀市出身の元プロサッカー選手。現役時代のポジションは主にミッドフィールダー(MF)。

サッカー選手の石川貢、石川扶は実弟[7]。

2004年には再び日本代表候補合宿に招集されていたが、日本サッカー協会のオリンピック優先という方針によりU-23日本代表に合流、アテネオリンピックアジア最終予選を突破する。アテネオリンピック本大会では同じ右サイドに攻撃を得意とする石川とともに守備的な徳永悠平が招集されており、山本昌邦監督は守備重視の戦術[注 5]で大会に臨んだため、出場機会を得たのは消化試合となったグループリーグ第3戦からだった。この試合では攻撃を牽引したにもかかわらず[26]後半早々に交代[27]。消化不良のままグループリーグでの敗退が決定。競技場のサポーターに挨拶する際には号泣し[26]、失意の帰国となった[2]。クラブでは、リーグ戦での得点はなかったが、初選出されたオールスター戦でゴールを決め、MVPを受賞[28][29]。ナビスコ杯では優勝を体験するが、決勝の浦和戦では退場者を出したことで更に運動量が求められ、自身初となる延長戦までの120分フル出場[注 6]で走り回り奮闘したため足がつっており[31]、決着をつけるPK戦のメンバーには入らなかった。

2009年は、平山相太のポストプレーや羽生直剛の労を惜しまない運動量といったチームメートとの長所が噛み合い[40][41]、5月2日のJ1大宮戦でプロ入り後初のハットトリックを決めるなど[42](この日は、年に一度しか来ない家族が見に行った日でもあった)、一時磐田のFW前田遼一と得点王の座を争う程ゴールを量産。チームのリーグ5位、ナビスコカップ決勝進出の原動力となり、同年10月には約5年半ぶりに日本代表に招集された[19]。岡田武史代表監督からは切り札に指名され[19]「ゲームの流れを変えるのに使える」と評価を得たが[43][44]、同月17日の柏戦で得点直後に相手選手と接触し負傷離脱。チームが2度目の優勝を決めたナビスコカップ決勝には出場できなかった。12月のJリーグアウォーズでは活躍を評価され、初めてJリーグベストイレブンに選出された[注 7]。
引用元:石川直宏 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E7%9B%B4%E5%AE%8F

この度、元サッカー日本代表の石川直宏が株式会社カンゼンより伝記「素直 石川直宏」を出版いたします。
元サッカー日本代表で現在FC東京 クラブコミュニケーターを務める石川直宏が9年ぶりとなる伝記を発売。クラブからもサポーターからも愛され続け、度重なる大怪我から這い上がった不屈の美学とは…。
引用元:石川直宏 伝記「素直 石川直宏」出版のお知らせ|株式会社ジャパン・スポーツ・プロモーションのプレスリリース https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000036629.html

徳永 悠平(とくなが ゆうへい、1983年9月25日 – )は、長崎県南高来郡国見町(現・雲仙市)出身のプロサッカー選手。V・ファーレン長崎所属。

ポジションはディフェンダー(DF)・ミッドフィールダー(MF)。本職は右サイドバック[2][5][6])。家族は妻と4子。
引用元:徳永悠平 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E6%B0%B8%E6%82%A0%E5%B9%B3