2000、2002優勝

次のうち
鈴鹿8時間耐久ロードレースで
加藤大治郎と組んで優勝した
ライダーを全て選びなさい
宇川徹(答)
コーリン・エドワーズ(答)
ミック・ドゥーハン
ワイン・ガードナー
アーロン・スライト
井筒仁康
伊藤真一
35%

216iMySdwP
次の日本人ライダーを、
ロードレース世界選手権・
250ccクラスで年間総合優勝を
達成した順に選びなさい
原田哲也
加藤大治郎
青山博一

エフェクト
2009年のロードレース世界選手権250ccクラスで年間総合優勝
青山博一
あおやまひろし(答)

328neTpzDqHJR
事故死した加藤大治郎を称え
ロードレース世界選手権で
永久欠番となっている
ゼッケンナンバーは何番?
34
68
50
74(答)
引用元:ロードレース世界選手権250cc優勝順「原田哲也」「加藤大治郎」「青山博一(ひろし)」 「74」ロードレース世界選手権の永久欠番 加藤大治郎の誕生日から | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/2198/

加藤大治郎(かとう だいじろう、1976年7月4日 – 2003年4月20日)は、埼玉県浦和市(現さいたま市)出身のオートバイロードレースレーサー。血液型A型。

愛称は「加藤くん」「大ちゃん」「大治郎くん」「大治郎」。以下、「大治郎」と表記する。

世界グランプリ時代
2000年、イタリアのグレシーニ・レーシングに加入し、GPライダーとしてロードレース世界選手権GP250クラスにフル参戦。第3戦日本GP(鈴鹿)で宇川徹、中野真矢との三つ巴を制してシーズン初勝利[2]、シーズン終盤にも3勝をあげ計4勝、ランキング3位[1]。第15戦パシフィックGP(もてぎ)では、ヤマハの中野真矢とファステストラップの応酬によるハイレベルなトップ争いを展開し優勝。この年の鈴鹿8耐には宇川と組んで出場し、最多周回記録を更新しての初優勝[1]。表彰台で宇川とともにツナギを脱いでファンにプレゼントした。

2000年 – AXOホンダ・グレシーニ/ホンダNSR250
ロードレース世界選手権GP250ランキング3位(4勝/ルーキー・オブ・ザ・イヤー)
鈴鹿8時間耐久ロードレース 優勝 (宇川徹)(チームキャビンホンダ/ホンダVTR1000SPW)

2002年 – フォルトゥナ・ホンダ・グレシーニ/ホンダNSR500・ホンダRC211V
ロードレース世界選手権MotoGPクラス ランキング7位(ルーキー・オブ・ザ・イヤー)
鈴鹿8時間耐久ロードレース 優勝 (コーリン・エドワーズ)(チームキャビンホンダ/ホンダVTR1000SPW)
引用元:加藤大治郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%97%A4%E5%A4%A7%E6%B2%BB%E9%83%8E

鈴鹿8時間耐久ロードレース(すずかはちじかんたいきゅうロードレース)は、FIM世界耐久選手権の1戦として毎年夏に鈴鹿サーキットで開催される日本最大のオートバイレース。通称鈴鹿8耐(すずかはちたい)、8耐(はちたい)。

概要
夏の鈴鹿を彩る名物レースの一つで、オートバイによる8時間の耐久レースである。2017年現在は午前11時30分にスタートし、日暮れから日没をまたいで終盤はナイトレースとなり、午後7時30分を過ぎた直後にトップのチームがゴールラインを通過した時点で終了となる。

1978年から開催され、1980年からは世界耐久選手権レースのひとつとして組み込まれ、特に1980年代から1990年代初頭は日本のバイク人口のピークと相まって大いに盛り上がった。当時の鈴鹿市の人口は約14万人だが、1990年の決勝レースはそれをはるかに上回る16万人の観客動員を記録、さらに大会期間中の延べ入場者数は36万8,500人を記録した。時代と共に二輪車販売が大幅に減少してもなお、ロードレース界における夏の風物詩として国内有数の集客を誇るモータースポーツイベントである。

2000 日本の旗 宇川徹
日本の旗 加藤大治郎 チーム・キャビン・ホンダ
(ホンダ・VTR1000SPW) 4 215 8:00’31″775

2002 日本の旗 加藤大治郎
アメリカ合衆国の旗 コーリン・エドワーズ チーム・キャビン・ホンダ
(ホンダ・VTR1000SPW) 11 219 8:02’04″992
引用元:鈴鹿8時間耐久ロードレース – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E9%B9%BF8%E6%99%82%E9%96%93%E8%80%90%E4%B9%85%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9

宇川 徹(うかわ とおる、1973年5月18日 – )は、千葉県出身のモーターサイクル・ロードレーサー。1990年代前半から2000年代前半までホンダワークスライダーとして活躍した。

鈴鹿8時間耐久ロードレースで最多となる5回優勝。ロードレース世界選手権最高峰クラスのMotoGPクラスで日本人として初めての優勝をする。1993年・1994年全日本ロードレース選手権GP250チャンピオン。1996年 – 2003年ロードレース世界選手権にフルシーズン参戦。

2004年以降主にワークスマシンの開発ライダーとしてMotoGPにもスポット参戦したが、2006年2月これまでの経験を評価され本田技術研究所に入社。市販モデルの開発業務に専念するため、選手を引退した。

2018年はホンダの二輪ワークス・チーム復活に伴い、チームHRCの監督に就任した[1]。
引用元:宇川徹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%B7%9D%E5%BE%B9

コーリン・エドワーズ(Colin Edwards junior, 1974年2月27日 – )は、アメリカ合衆国テキサス州出身のオートバイレーサー。

2000年・2002年スーパーバイク世界選手権チャンピオン。1996年・2001年・2002年鈴鹿8時間耐久ロードレース総合優勝。2003年より2014年までロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦。愛称は「テキサス・トルネード」。
引用元:コーリン・エドワーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%89%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%BA