宮本恒靖【現監督】

次のサッカーの指導者を
ガンバ大阪の監督を
務めた順に選びなさい
釜本邦茂
早野宏史
竹本一彦
西野朗
松波正信
長谷川健太
54%

ガンバ大阪(ガンバ おおさか、Gamba Osaka)は、日本の大阪府吹田市、茨木市、高槻市、豊中市、池田市、摂津市、箕面市をホームタウンとする[1]、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

概要

1980年創部の松下電器産業サッカー部が前身であり、1993年のJリーグ開幕時より加盟している10クラブ(オリジナル10)のひとつ。2005年に初タイトルとなるJ1リーグ優勝を果たし、2008年にはAFCチャンピオンズリーグ制覇、2012年シーズンは17位で初のJ2降格となった。2014年には1シーズンでの国内三冠(J1リーグ・天皇杯・Jリーグカップ)を達成するなど、Jリーグを代表する強豪クラブである。獲得タイトル数はJリーグ全加盟クラブ中2位、近畿地方以西のクラブでは最多である。
引用元:ガンバ大阪 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E5%A4%A7%E9%98%AA

過去に在籍した監督・コーチ・選手
監督
氏名 在籍年 現所属 備考
日本の旗 釜本邦茂 1992年 – 1994年 日本サッカー協会名誉副会長 元日本代表
ドイツの旗 ジークフリート・ヘルト 1995年 ドイツの旗 ボルシア・ドルトムントサポーター連絡係 元西ドイツ代表
クロアチアの旗 ヨジップ・クゼ 1995年 – 1997年 故人
オーストリアの旗 フリードリッヒ・コンシリア 1997年 – 1998年 元オーストリア代表
フランスの旗 フレデリック・アントネッティ 1998年 – 1999年 フランスの旗 FCメススポーツダイレクター
日本の旗 早野宏史 1999年 – 2001年 サッカー解説者
日本の旗 竹本一彦 2001年 東京ヴェルディ GM
日本の旗 西野朗 2002年 – 2011年 タイ代表監督 元日本代表
ブラジルの旗 セホーン 2012年
日本の旗 松波正信 2012年 ガンバ大阪ゼネラルマネージャー 元日本代表
日本の旗 長谷川健太 2013 – 2017年 FC東京監督 元日本代表
ブラジルの旗 レヴィー・クルピ 2018年 – 同年7月
引用元:ガンバ大阪の選手一覧 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E5%A4%A7%E9%98%AA%E3%81%AE%E9%81%B8%E6%89%8B%E4%B8%80%E8%A6%A7#%E9%81%8E%E5%8E%BB%E3%81%AB%E5%9C%A8%E7%B1%8D%E3%81%97%E3%81%9F%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%BB%E9%81%B8%E6%89%8B

釜本 邦茂(かまもと くにしげ、1944年4月15日 – )は、日本の元サッカー選手、元サッカー指導者、元参議院議員、実業家。日本サッカー協会 (JFA) 顧問[3]。京都府京都市右京区太秦出身。現役時代のポジションはフォワードで、日本サッカーリーグでは、251試合出場し、通算202得点(歴代1位)、通算79アシスト(歴代1位)を記録。得点王7回、アシスト王3回、年間優秀11人賞14回、日本年間最優秀選手賞7回受賞(歴代1位)と傑出した活躍を見せた。また、サッカー日本代表として国際Aマッチ76試合75得点(総通算231試合153得点)を記録し、1968年メキシコオリンピックでは、アジア人初の得点王となった。2005年第1回日本サッカー殿堂入り。

日本サッカー協会やRec.Sport.Soccer Statistics Foundation (RSSSF) の認めるサッカー日本代表の男子の単独最多得点記録保持者(75得点)であり[2][4]、国際サッカー連盟 (FIFA) でも2014年時点では最多得点記録保持者(80得点)としている[5]。詳細については、試合数の項を参照。趣味は、ゴルフ、時代劇のテレビ鑑賞。座右の銘は「己に剋つ」である[6]。
引用元:釜本邦茂 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%9C%E6%9C%AC%E9%82%A6%E8%8C%82

竹本 一彦(たけもと かずひこ、1955年11月22日 – )は、日本のサッカー指導者。愛知県出身。元女子サッカー選手・現サッカー指導者の高倉麻子は妻。

経歴
1980年に読売サッカークラブ(現在の東京ヴェルディ)にユースコーチとして入団。その後、女子チームの読売西友ベレーザ(現在の日テレ・ベレーザ)に移り、1986年から11年間監督を務めた。この間、1984年から1986年までは日本女子代表のコーチも務めている。

読売退団後は1999年から2004年までガンバ大阪、2005年は柏レイソルのコーチを務める。2001年と2005年はシーズン途中から監督(2005年は代行)を務めた。
引用元:竹本一彦 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E6%9C%AC%E4%B8%80%E5%BD%A6

松波 正信(まつなみ まさのぶ、1974年11月21日 – )は、岐阜県岐阜市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはフォワード(FW)。

1996年のアトランタオリンピックではバックアップメンバーとして選出される。1997年にはパトリック・エムボマと2トップを組み、多くのチャンスを演出し、自身も初のリーグ戦2桁ゴールを挙げた。

以後、成績面では期待通りの活躍とまでいかなかったものの、年を追うごとに主に試合終盤に投入されるスーパーサブとしてチーム内で強烈な存在感を見せ、“ミスターガンバ”[7]としてサポーターから親しまれた。

ジェフユナイテッド千葉とのナビスコカップ決勝を翌日に控えた2005年11月4日、同シーズン限りでの現役引退を表明[8][9]。12月4日のJ1最終節川崎フロンターレ戦では、後半29分から途中出場し、クラブ初タイトルとなるリーグ優勝の瞬間をピッチ上で迎えた[10]。

指導者時代
引退後の2006年からガンバ大阪ユースチームのコーチに就任し、2008年はS級ライセンス取得講習に専念する島田貴裕に替わってユースチームの監督に昇格し、第16回Jユースカップではガンバ大阪ユースを6年ぶりの優勝に導いた。2009年はS級ライセンスを取得した島田がユース監督に復帰し、自身はコーチ職に戻った。この年、自身もS級ライセンスを取得。

2010年、ガンバ大阪トップチームのコーチに就任し、2年間西野朗の下でトップチームを指導した。

2012年3月26日、成績不振により解任されたジョゼ・カルロス・セホーンの後任として、クラブOB初・クラブ最年少でガンバ大阪監督に就任[11]。しかし、前監督からの悪い流れを断ち切れず、中盤以降はやや持ち直したものの最終節の磐田戦に敗れクラブ初のJ2降格となってしまった。期待された結果が出ず、今後の変化の期待も薄かったことから[12] シーズン終了後に解任が決まり、新設された初代ガンバサダーに就任[13]。
引用元:松波正信 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%B3%A2%E6%AD%A3%E4%BF%A1