Bremgarten Circuit

スイス国内でのモータースポーツ
が禁止されたため1955年に閉鎖
された、かつてF1のスイス
GPが開催されたサーキットは?
ルブレガムンテ
ブレムガルテン(答)
27%

ブレムガルテン・サーキット(Bremgarten Circuit)は、スイスの首都ベルンの郊外にあったサーキットである。

1933年から1954年までのヨーロッパ・ドライバーズ選手権・スイスグランプリ(1947年から1954年まではフォーミュラ1)と、ロードレース世界選手権のスイスグランプリが開催された。

1931年、ベルン北部のブレンガルテンヴァルト(ブレンガルテンの森)にオートバイレースのサーキットとして建設された。サーキットには完全なストレートコースがなく、高速コーナーが連続するレイアウトであった。1934年に最初の自動車レースが開催されたが、このレースでイギリスのレーサー・ヒュー・ハミルトン(英語版)が命を落とした。1948年にはイタリアのレーサー・アキーレ・ヴァルツィが亡くなった。ブレムガルテンは森の中にあるため、コースの日当たりが劣悪であることと、特に降雨時の路面の変化により、当初から危険なサーキットであるという評判があった。

1955年のル・マン24時間レースにおける事故により、スイス国内でのヒルクライムとラリー以外のモータースポーツが法律で禁止されたため、それ以降レースには使用されていない。1982年のスイスグランプリは、フランスのディジョン・プレノワ・サーキットで行われた。2007年6月6日、モータースポーツの禁止を解除する法案が賛成97名、反対77名により国民議会(下院)を通過した[1]。しかし、この法案は全州議会(上院)を通過できず、2回否決された後に2009年に撤回された[2]。
引用元:ブレムガルテン・サーキット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%A0%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88

Bremgarten is a municipality in the Swiss canton of Aargau. It serves as seat of the district of Bremgarten. The medieval old town is listed as a heritage site of national significance. In 2013, Bremgarten was the first municipality in Europe to introduce laws forbidding asylum seekers from visiting certain public places such as libraries, swimming pools, schools and churches.[3]

On 1 January 2014 the former municipality of Hermetschwil-Staffeln merged into the municipality of Bremgarten.[4]
引用元:Bremgarten, Aargau – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Bremgarten,_Aargau