吉田正男投手【中京商】

これまでに、高校野球の
「夏の甲子園」を3年連続で
優勝した高校はない
×(答)
55%

甲子園連覇(こうしえんれんぱ)とは、日本の高校野球(男子硬式野球)において、阪神甲子園球場で開催され、2大全国大会である選抜高等学校野球大会および全国高等学校野球選手権大会で連続して優勝することをいう。

連覇の形態
これまでに実現した連覇のパターンは、

春夏連覇(=年間甲子園全勝)
夏春連覇(あいだに学年進級・新チームへの変更あり)
春連覇(春春連覇;1年越し)
夏連覇(夏夏連覇;1年越し)
夏3連覇(夏夏夏連覇;2年越し)
があった。春3連覇(春春春連覇;2年越し)以上と、春夏春連覇や夏春夏連覇の3季連続優勝を成し遂げた高校はない。なお、春夏連覇や夏春連覇をした場合は春の紫紺の優勝旗と夏の深紅の優勝旗の両方が連覇校に置かれることになる。

夏3連覇
これまでに夏3連覇を達成したのは以下の1校のみである。

開催年 学校 夏
1931年 中京商(愛知) 第17回
1932年 第18回
1933年 第19回
翌1934年は春のセンバツこそ出場したが2回戦敗退。夏の東海代表は享栄商が初出場。中京商は予選敗退し4年連続優勝は出来なかった。

2004-05年に夏連覇を成し遂げた南北海道代表の駒大苫小牧が夏3連覇に挑戦したが惜しくも06年の決勝戦で西東京代表の早稲田実業に再試合の末3-4で敗退した。
引用元:甲子園連覇 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B2%E5%AD%90%E5%9C%92%E9%80%A3%E8%A6%87

吉田 正男(よしだ まさお、1914年4月14日 – 1996年5月23日)は、昭和初期に活躍した中等学校野球、大学野球及び社会人野球の選手。昭和6年(1931年)から昭和8年(1933年)にかけて、夏の甲子園大会で3連覇の偉業を達成した中京商業学校(現・中京大学附属中京高等学校)のエース。甲子園で史上最多となる23勝を記録した。

平成4年(1992年)に特別表彰で野球殿堂入り。

予言
中京商業以降3連覇を達成した学校はない。この3連覇について吉田は生前、「自慢するわけではないが」と前置きして「もう3連覇なんか出来っこない。」と言っていた。その理由として、「昔とは野球の質が違う。」として金属バットや打撃技術の向上を挙げ、「もし3連覇出来るとするならば、打者のバットが届かないところにストライクを投げられる投手がいること。」と述べた[2]。

平成18年(2006年)の夏の甲子園決勝では、駒澤大学附属苫小牧高等学校が73年ぶりの3連覇に挑んだが、惜しくも達成はならなかった。駒大苫小牧のエース・田中将大は打者の手元で変化する球、すなわちスライダーを得意としていた。
引用元:吉田正男 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E6%AD%A3%E7%94%B7