【パ・最多犠打記録】

背番号は「6」
明豊高校からソフトバンクに入団
ポジションはショート
二番打者として活躍
松田宣浩
柳田悠岐
今宮健太(答)
城所龍磨
81%

069pweeYOpVek
070BScDfRBoIR
プロ野球、セ・リーグにおける
1シーズン最多犠打の
記録保持者は宮本慎也ですが

パ・リーグにおける1シーズン
最多犠打の記録を2013年に
更新したのは◯◯◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
いまみやけんた
「今宮健太」
引用元:1シーズン最多犠打 67「宮本慎也」セ・リーグ 62「今宮健太」パ・リーグ 通算1位533「川相昌弘」 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/9952/

今宮 健太(いまみや けんた、1991年7月15日 – )は、大分県別府市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。

2009年10月29日、プロ野球ドラフト会議で、福岡ソフトバンクホークスから1位指名を受けた。11月8日に仮契約。背番号は城島健司が退団して以来空き番だった「2」。

選手としての特徴
高校時代は投手も務めており、1年生時は投球術を駆使した投球が特長だったが、1年後には常時140km/hと進化を遂げた[49]。3年生時の夏の甲子園では準々決勝にて154km/hを計測した[2]。遠投120メートルを誇る強肩[50]。 2019年の秋季キャンプにブルペンで投球した際の最速は142km/h[51]。

内角球を肘を畳んで打つ技術とリストの強さを持ち合わせ、高校通算62本塁打を記録。プロ入り後は「金属(バット)だから打てたというのもあるし、自分に合っているのは本塁打じゃない」と語っていた[52]。しかし2017年から3年連続で2桁本塁打を記録中、2019年のCSでは史上初の1試合3本塁打を記録しており[53]、「しっかりと自分のスイングをした中で飛んでいくのを求めています」と語っている。また犠打のパリーグシーズン記録を保持しているが、バントのサインを出されるのは理想ではないと発言している[54]。

身体能力抜群の遊撃手[55]で、高い運動能力を生かした広い守備範囲も見所の一つ[56]、球界屈指の強肩で三遊間の深い位置からでも一塁をアウトにするスローイングは定評がある[56]。50m走のタイムは6秒1の俊足[57]。

三塁手・松田宣浩との同一チームの三遊間での5年連続のゴールデングラブ受賞は、2000年から2002年まで3年連続の遊撃手・宮本慎也、三塁手・岩村明憲(ヤクルトスワローズ)を凌ぎ、歴代最長記録を更新している[45]。
引用元:今宮健太 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8A%E5%AE%AE%E5%81%A5%E5%A4%AA

松田 宣浩(まつだ のぶひろ、1983年5月17日 – )は、滋賀県草津市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。妻はフリーアナウンサーで元九州朝日放送アナウンサーの松田恵理。

選手としての特徴
走攻守すべてにおいてスピード感あるプレーが持ち味で[64]、強肩を生かしたスローイングと三拍子揃ったプレーが魅力[65]。球界を代表する三塁手の一人であり[66][67][68] 、三塁手として史上最多の通算8度のゴールデングラブ賞を受賞している[69][70]。

同チームの今宮健太、長谷川勇也、明石健志と並び、史上4名の出場した日本シリーズで相手リーグの全球団に勝利したことのある選手である。

人物
愛称は「マッチ」[注 3]、「まばたきマッチ」[注 4]。また、2015年シーズン以後は、「熱男」が、松田の愛称の一つとして呼ばれるようになった(元来は、2015年、2016年のチームスローガンとして使われた言葉であった)[38][89]。

大学時代は最上級生になるまで誰より先に日課をこなしてグラウンド整備も最後まで残り、活動停止期間も早朝練習を1日も欠かさなかった事などから、亜細亜大学の桑原務部長は「背中で周りを引っ張るタイプ。今の時代、口だけの人が多いが、松田は率先して自分から行動を起こす。」とリーダーシップを評価していた[2]。2006年2月当時の小川一夫スカウト部長は「他人に言われなくても、自分を追い込んで練習できる。」と述べた[90]。
引用元:松田宣浩 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E7%94%B0%E5%AE%A3%E6%B5%A9

柳田 悠岐(やなぎた ゆうき、1988年10月9日 – )は、広島県広島市安佐南区出身[3][4]のプロ野球選手(外野手)。右投左打。福岡ソフトバンクホークス所属。愛称は「ギータ」[5]。

2015年度パ・リーグMVP。NPB史上初のトリプルスリーと首位打者の同時達成者。2015年度ユーキャン新語・流行語大賞年間大賞受賞者(「トリプルスリー」、山田哲人と共に)。NPBにおける連続試合四球記録保持者。
引用元:柳田悠岐 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E7%94%B0%E6%82%A0%E5%B2%90

城所 龍磨(きどころ りゅうま、1985年9月24日 – )は、愛知県豊川市出身の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。

選手としての特徴
俊足と強肩を武器にした球界屈指の守備力[40]を誇る外野守備・走塁のスペシャリスト。プロ入り前は高校通算35本塁打[リンク切れ][41]、50メートル走のタイムは5秒9、遠投は110メートルだった[5]。プロ入り後は出場数の増加に反し打者としての評価を下げて打席数は減少した。近年では代走もしくはリードした試合終盤での外野の守備固めとしての出場が主であったが、2016年5月18日に代打ホームランを放ったのをきっかけに、代打や先発での出場が増えた。2012年までは主に中堅手として起用されていたが、2013年に長谷川勇也の定着により中堅手起用は11試合、2014年には柳田悠岐の全試合出場により中堅手起用はゼロとなった。2010年にソフトバンク監督の秋山幸二はパシフィック・リーグの優れた外野手として守備範囲では糸井嘉男、肩では城所を挙げている[42]。
引用元:城所龍磨 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%8E%E6%89%80%E9%BE%8D%E7%A3%A8