スーパーボウル【優勝杯】ロンバルディ【MVP杯】ロゼール

NFLとAFLを合併
第1回スーパーボウルを開催
スーパーボウルのMVP杯
第6代NFLコミッショナー
ラマー・ハント
ビンス・ロンバルディ
バート・スター
ピート・ロゼール(答)
24%

球場外で功績をあげた選手への賞
1966年シーズンMVP
バッカーズの永久欠番15
スーパーボウル初代MVP
バート・スター(答)

1970年にガンで死去
バッカーズのヘッドコーチ
第1回からスーパーボウル連覇
スーパーボウル優勝チーム杯
ビンス・ロンバルディ(答)

541LuvBsmPYvL
NFLの優勝決定戦・スーパー
ボウルで、勝ったチームに
贈られるトロフィーは
ピート・ロゼール杯である
×(答)
◯ヴィンス・ロンバルディトロフィー
引用元:【NBAファイナル優勝】ラリー・オブライエン【年間MVP】モーリス・ポドロフ【NFLスーパーボウル優勝】ヴィンス・ロンバルディ【スーパーボウルMVP】ピート・ロゼール | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/8074/

Alvin Ray “Pete” Rozelle (/roʊˈzɛl/; March 1, 1926 – December 6, 1996) was an American businessman and executive. Rozelle served as the commissioner of the National Football League (NFL) for nearly thirty years, from January 1960 until his retirement in November 1989. He is credited with making the NFL into one of the most successful sports leagues in the world.[1][2]

During his tenure, Rozelle saw the NFL grow from 12 teams to 28, oversaw the creation of large television-rights deals and the creation of Monday Night Football in 1970, oversaw the 1970 NFL-AFL merger and the creation of the Super Bowl, and helped the NFL move from a twelve-game schedule to its current sixteen-game schedule. By the time of his retirement, many people considered him the most powerful commissioner in sports.[3] He was inducted into the Pro Football Hall of Fame in 1985.
引用元:Pete Rozelle – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Pete_Rozelle

Rozelle made NFL what it is today
By Bob Carter
Special to ESPN.com

Under his leadership, the NFL generated huge contracts with network television, merged with the young American Football League, created the Super Bowl, Monday night games and instant replay, and developed a marketing and merchandizing bonanza never seen before. The NFL even was taken overseas for occasional games.

“Pro football was nothing until he became commissioner,” said Red Auerbach, the legendary Boston Celtics coach.

The NFL had 12 teams worth about $1 million apiece when Rozelle began his rule. When he left in 1989, there were 28 teams, most worth more than $100 million.

In 1999, three years after his death, The Sporting News acclaimed him as the 20th century’s most powerful person in sports.
引用元:ESPN Classic – Rozelle made NFL what it is today http://www.espn.com/classic/biography/s/rozelle_pete.html

The Super Bowl Most Valuable Player Award, or Super Bowl MVP, is an award presented annually to the most valuable player of the Super Bowl, the National Football League’s (NFL) championship game. The MVP is awarded the Pete Rozelle Trophy by the NFL commissioner and given a free car.
引用元:Super Bowl Most Valuable Player Award | Packers Wiki | Fandom https://packers.fandom.com/wiki/Super_Bowl_Most_Valuable_Player_Award

ヴィンセント・トマス・ロンバルディ(Vincent Thomas Lombardi、1913年6月11日 – 1970年9月3日)はアメリカンフットボールのコーチ。1959年から1967年の9シーズンに渡りNFL グリーンベイ・パッカーズのヘッドコーチを、1969年シーズンにワシントン・レッドスキンズのヘッドコーチを務めた。ヘッドコーチとして通算で105勝35敗6分け、勝率.750(NFLの方針で引き分けは無視)という成績を収め、負け越したことはなかった。彼がパッカーズを率いたポストシーズンでの通算成績は9勝1敗で、その間に5度のリーグチャンピオンシップ優勝を成し遂げ、そして第1回および第2回スーパーボウルを連覇した。ロンバルディの人気は当時リチャード・ニクソンが1968年の大統領選挙においてロンバルディを副大統領候補にしようと思ったといわれたほど高かった[1]。
引用元:ヴィンス・ロンバルディ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3

ヴィンス・ロンバルディ・トロフィー (Vince Lombardi Trophy) は、NFLの優勝決定戦『スーパーボウル』の優勝チームに与えられるトロフィーである。1967年のAFL-NFLワールドチャンピオンシップゲームから使用されており、名称は第1・2回優勝チームであるグリーンベイ・パッカーズのヘッドコーチであったヴィンス・ロンバルディに由来している[1]。第45回(2010年)からはスーパーボウルのロゴに描かれている。

トロフィーはスターリングシルバー製で、ティファニーによって製造されており、三角錐形状の台座の頂点にアメリカンフットボールのボールをあしらったデザインである。見積価格は1万2千ドル(約140万円)、高さは22インチ(約56cm)、重さは7ポンド(約3.2kg)である[1]。完成までに72時間かかるという。また、トロフィーは毎年1つずつ作られるため優勝旗などと違ってトロフィー返還の義務(持ち回りルール)がない。トロフィーはスーパーボウル当日に勝利チームに授与された後、スーパーボウル当日の日付と対戦スコアを刻印して勝利チームが永久保持できる。すなわち、スーパーボウルの優勝経験を持つチームは、優勝回数と同数のトロフィーを所有していることになる。
引用元:ヴィンス・ロンバルディ・トロフィー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC

バート・スター(Bart Starr、1934年1月9日 – 2019年5月26日[1])はアラバマ州モンゴメリー出身のアメリカンフットボール選手、指導者。

1977年、プロフットボール殿堂入り、背番号15はグリーンベイ・パッカーズの永久欠番。

グリーンベイ・パッカーズ[編集]
大学卒業時の1956年、NFLドラフト17巡目全体200位と低い評価でグリーンベイ・パッカーズに入団した[3]。

入団してから数年は実績もキャリアもなかったが[4]、彼に転機が訪れたのは名将ヴィンス・ロンバルディがパッカーズのヘッドコーチに就任した1959年以降である。1960年から1967年までの8年間で62勝24敗4分、地区優勝6回、NFLチャンピオン5回、新興のAFL王座とNFL王座が対戦した、第1回、第2回スーパーボウルを制し、2年連続スーパーボウルMVPとなった[5]。

バート・スター賞[編集]
フィールド外で顕著な功績をあげた選手に贈られるバート・スター賞が設けられており、2011年1月20日にはハリケーン・カトリーナによる被害を受けたニューオーリンズの復興や医療施設への寄付などを行っているドリュー・ブリーズが選ばれた[16]。
引用元:バート・スター – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC