【社会人野球日本選手権大会】

2016年に2日連続でノーヒット
ノーランが達成されるという
快記録が誕生したのは
都市対抗野球大会である
×(答)
32%

社会人野球の都市対抗野球大会
を主催している新聞社は
毎日新聞社である
◯(答)

◯×
都市対抗野球には指名打者制度が採用されている
◯(答)

◯×
都市対抗野球の優勝旗を黒獅子旗というのに対して準優勝旗を白獅子旗という
◯(答)

都市対抗野球大会の
優勝チームに贈られる優勝旗の
ことを何という?
黒鷲旗

飛球の旗
黒獅子旗(答)
ダイヤモンド旗
100%

引用元:【都市対抗】黒獅子旗【社会人】ダイヤモンド | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/48876/

都市対抗野球大会で
最優秀選手勝にあたるものは
◯◯賞?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
はしど(答)
橋戸賞

連想
最初の受賞者は中原宏
第18回都市対抗野球より制定
全日本で活躍した名捕手にちなむ
都市対抗野球の敢闘賞
久慈賞(答)

第42回社会人野球日本選手権大会(だい42かいしゃかいじんやきゅうにほんせんしゅけんたいかい)は、2016年10月29日から11月8日の間の11日間、京セラドーム大阪で行われた社会人野球日本選手権大会である。

本戦では近年の投高打低の傾向から完封試合が続き、大会中盤では2日連続でノーヒットノーランが達成されたが、その中でも打力を誇るチームが上位進出を果たした。1回戦から僅差のゲームを制した日本通運と、ビッグイニングで一気に試合を決めてきたヤマハが決勝に進出、決勝戦ではエラーから一気に3点を先制したヤマハがそのまま逃げ切り、3度目の決勝進出で初めてダイヤモンド旗を手にした。
引用元:第42回社会人野球日本選手権大会 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC42%E5%9B%9E%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BA%BA%E9%87%8E%E7%90%83%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A9%E5%A4%A7%E4%BC%9A

 全国大会での2日連続ノーヒットノーランは非常に珍しいが、高校野球では39年夏の甲子園で海草中(和歌山)・嶋清一が準決勝、決勝で達成している。 【組み合わせ 日程と結果】
 プロ野球では記録されていないが、71年8月19日に藤本和宏(広島)が中日戦で達成した翌々日、中1日の同21日に高橋善正(東映)が西鉄戦で達成した。
引用元:2日連続ノーヒットノーラン 高校野球では39年夏に記録― スポニチ Sponichi Annex 野球 https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/07/kiji/K20161107013677930.html

加賀美 希昇(かがみ きしょう、1988年9月5日 – )は、神奈川県鎌倉市出身の元プロ野球選手(投手)。2016年シーズンからは、社会人野球のJR西日本でプレーを続ける[1]。

DeNA退団後[編集]
2015年11月10日に、打者3人に対するシートバッティング形式の12球団合同トライアウト(草薙球場)に参加。1奪三振1与四球という内容で、打者3人を無安打に抑えた[9]が、NPBから声は掛からなかった。その後、JR西日本硬式野球部の入部テストに参加。このテストに合格し、JR西日本に入社、同部に所属することとなった[1]。

JR西日本への入社後は、単身で広島支社へ赴任するとともに、経理部に籍を置く[10]。2016年には、第42回社会人野球日本選手権大会へ出場。11月5日の2回戦では、JR東日本東北打線を相手に、死球と失策で2人の走者を出しただけ[10]で、ノーヒットノーランを達成した[11][12]。加賀美にとっては、野球人生で初めてのノーヒットノーランであったという[10]。社会人野球日本選手権大会においては、第36回社会人野球日本選手権大会(2009年)の三菱重工神戸・木林敏郎以来、史上二人目のノーヒットノーランであった[11]。更に加賀美のノーヒットノーランの翌日(11月6日)には、大阪ガスの猿渡真之がノーヒットノーランを記録し、二日続けてのノーヒットノーランとなっている[13]。
引用元:加賀美希昇 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%B3%80%E7%BE%8E%E5%B8%8C%E6%98%87