高田延彦【UWF】

イスラエルで『BUSHIDO』
というタイトルでテレビ放映され
人気だった日本の格闘技団体は
パンクラスである
×(答)
57%

UWFインターナショナル(ユー・ダブリュー・エフ・インターナショナル)は、かつて存在した日本のプロレス団体。正式名称はユニオン・オブ・プロフェッショナル・レスリング・フォース・インターナショナル。略称はUインター(ユー・インター)。

1991年1月、選手会主体で再発足した第2次UWFであったが経営方式を巡って所属選手とフロントの対立が原因で解散したことで高田延彦が設立。5月10日、後楽園ホールで旗揚げ戦を開催。

第2次UWFでは前田日明に次ぐポジションであった高田を絶対エースに据えて「プロレスこそ最強」を標榜してゲーリー・オブライトの発掘と躍進[1]、元WBCヘビー級王者のトレバー・バービックとの異種格闘技戦、元横綱の北尾光司の参戦、新日本プロレスとの合同興行「激突!!新日本プロレス対UWFインターナショナル全面戦争」など様々な仕掛けで人気を博していた。

しかし後述するように他団体に対して常に挑発的なスタンスを取っていたため他団体の選手からの批判が起きてファンが抱くマイナスイメージなども少なくはなく良くも悪くも多くの話題を提供したプロレス団体でもあった。

BUSHIDO(ブシドー)”The Way of the Warrior”の名で海外でテレビ放映されてジェフ・トンプソンが実況、テディ・ペルクが解説を務めた。イスラエルのプロモーターから招聘されて興行を開催してリトアニアではブシドーの名を冠したリングス系の格闘技イベントが現在も開かれている。国内ではTBSで中継された。
引用元:UWFインターナショナル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/UWF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB

パンクラスは、日本の総合格闘技団体。スローガンは「ハイブリッドレスリング」。

歴史[編集]
ワールド・パンクラス・クリエイト[編集]
1992年12月、船木誠勝、鈴木みのるらは、メガネスーパーをスポンサーとしたプロフェッショナルレスリング藤原組に所属していたが、経営悪化から鈴木のみが解雇されそうになったことに反発した船木が退団した後、鈴木を含むほぼ全所属選手が追随。しばらくは活動拠点を持たず「船木派」として自主練習を継続。その後、UWF時代の縁故を頼り尾崎允実を社長として設立したのがワールド・パンクラス・クリエイト[2][3]。

パンクラスの旗揚げが発表される前後までに全所属選手が肉体改造を行い、藤原組の頃とは一変した体脂肪を極限まで絞り込んだプロボクサーを思わせる筋肉質な体型を披露し、プロレスと格闘技のファンに衝撃を与えた。

2000年5月26日、船木が「コロシアム2000」でヒクソン・グレイシーに敗れて引退。この前後からパンクラスは競技団体としての色合いを濃くしていった。階級整備、ルール整備などが行われ、他団体からの参加選手も目立つようになったが、パンクラス所属選手への身びいき的判定を参加団体のSKアブソリュートから指摘された時期もある。しかし所属選手の退団により団体色が薄くなって以降は、そのようなことはない。

2007年、BodogFightと業務提携を結んだことを発表[4]。12月4日、アメリカのネバダ州アスレチック・コミッションが定める階級制に変更。新階級ではスーパーヘビー級が廃止されて新たにフライ級とバンタム級を新設し、2008年1月30日の興行から新階級制を導入[5]。
引用元:パンクラス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B9