【中日】高橋周平

次のプロ野球選手と
その所属球団の
正しい組み合わせを選びなさい
大山悠輔───阪神
高橋周平───中日
岡本和真───巨人
神里和毅───DeNA
村上宗隆───ヤクルト
88%

大山 悠輔(おおやま ゆうすけ、1994年12月19日 – )は、茨城県下妻市出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。阪神タイガース所属。

2019年、前年に続いて、オープン戦の期間中は日本代表としても活動。3月10日には、メキシコ代表との親善試合第2戦で、「6番・三塁手」としてスタメン出場を果たした。この年から一軍監督へ就任した矢野燿大の方針で、オープン戦から4番打者に固定。3月29日のヤクルトとのレギュラーシーズン開幕戦(京セラドーム大阪)でも、「4番・三塁手」としてスタメンに起用された。6月20日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(甲子園)で、2年連続のシーズン2桁本塁打を達成した。一軍のレギュラーシーズンで、阪神の生え抜き選手が開幕戦から4番打者として起用されながら2桁本塁打を記録した事例は、2003年の濱中治以来16年振りである[40]。
引用元:大山悠輔 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B1%B1%E6%82%A0%E8%BC%94

高橋 周平(たかはし しゅうへい、1994年1月18日 – )は、神奈川県藤沢市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。中日ドラゴンズ所属。現在は同チームのキャプテンを務める。

2019年から中日のチームキャプテン(主将)を務める[16]。3・4月は不振だったが、5月に月間8度の猛打賞を記録し[17]、5月の月間MVPに初選出された[18]。6月4日に自身初の4番に起用された[17]。6月27日にオールスターゲームに選手間投票で選出された[19][20]。オールスターゲームでは敢闘選手賞を受賞した[21]。しかし7月16日対阪神タイガース戦で1回裏に、一塁に帰塁した際に右手小指を負傷した[22]。その後、検査で「右小指橈側側副靭帯断裂」と診断された[23]。8月4日からマシン打撃を再開し[24]、8月16日対東京ヤクルトスワローズ戦6回表に代打で実戦復帰した[25]。2年連続で規定打席に到達し、117試合に出場、打率.293、7本塁打、59打点で[26]、自身初の三塁手部門でゴールデングラブ賞[27]とベストナインを受賞した[28]。
引用元:高橋周平 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%91%A8%E5%B9%B3

岡本 和真(おかもと かずま、1996年6月30日 – )は、奈良県五條市出身[1]のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。読売ジャイアンツ所属[2]。

2014年度ドラフト会議にて読売ジャイアンツから1位指名を受けて入団。2018年には読売ジャイアンツ89代目の4番打者となる。

2019年、4番・一塁手として初めて開幕4番を任される。前半戦は打率が.250前後で推移するなど調子が上がらず、原監督から「ビッグベイビー」と揶揄され4番を外される試合もあった[55]。8月6日の対中日戦の試合前、アドバイザーとしてチームに帯同していたウォーレン・クロマティの助言により、脚部の使い方と打球方向の意識を再確認[56]、これがきっかけとなり8月は打率.301、9本塁打、26打点を記録するなど復調した。9月20日のDeNA戦では目標としていた30本塁打を記録[57]。巨人の生え抜き右打者で、2年連続30本塁打は原辰徳以来33年ぶりだった[58]。
引用元:岡本和真 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E6%9C%AC%E5%92%8C%E7%9C%9F

神里 和毅(かみざと かずき、1994年1月17日 – )は、沖縄県島尻郡南風原町出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。横浜DeNAベイスターズ所属。

2019年、前述した故障が癒えたことを背景に、一軍公式戦の開幕から、「1番・中堅手」として再びレギュラーに定着。セ・パ交流戦では、最終規定打席へ到達するとともに、チームトップ(全体22位)の打率.303を記録した[18]。このような活躍を背景に、オールスターゲームにもセ・リーグの監督推薦選手として初出場を果たした[19]。しかし7月から徐々に不調に陥り、梶谷や乙坂智、桑原将志に中堅手の座を譲る機会も増えていた。

クライマックスシリーズ(CS)では「1番・中堅手」として全試合に出場。チームは阪神に敗れファイナルステージ進出は果たせなかったものの、打率.429・OPS.929と奮闘した。
引用元:神里和毅 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E9%87%8C%E5%92%8C%E6%AF%85

村上 宗隆(むらかみ むねたか、2000年2月2日 – )は、熊本県熊本市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。東京ヤクルトスワローズ所属。

2019年はオープン戦から結果を残し、6番・三塁手で自身初の開幕スタメンを勝ち取った。19歳1カ月で開幕戦に先発し、1959年の西岡清吉(21歳10カ月)の球団記録を塗り替えた。5月11日の巨人戦で2リーグ制後では史上18人目となる高卒2年目以内での2桁本塁打となる10号本塁打を打ち、チーム38試合目での到達は高卒2年目以内では最速となった[14]。5月12日の巨人戦でプロ入り初の4番に座った[15]。6月以降は、守備難や坂口智隆の離脱のため、ほぼ一塁手として出場した。オールスターゲームには三塁手部門でファン投票1位で選出され、ホームラン競争にも出場した[16][17]。8月12日の横浜戦では山崎康晃から25号逆転サヨナラ2ランホームランを放ち、最年少記録を更新[18]。8月22日に、高卒2年目の選手としてはセ・リーグ初となるシーズン30号本塁打を放った[19]。
引用元:村上宗隆 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E4%B8%8A%E5%AE%97%E9%9A%86