【The Open】Claret Jug【優勝者刻印】

ゴルフの4大メジャータイトル
最多優勝はハリー・バードン
初代優勝はウィリー・パーク
クラレット・ジャグ
全米オープン
全米プロゴルフ選手権
全英オープン(答)
マスターズ
30%

全英オープン選手権(ぜんえいオープンせんしゅけん、英語: The Open Championship / British Open )は、ゴルフのメジャー選手権の1つであり、イギリスのゴルフ競技団体R&A(ロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフ・クラブ)主催で、毎年7月中旬に開催されるゴルフ選手権である。

メジャーの中で最も歴史、権威のあるトーナメントで、英語での正式名称は ” The Open Championship “(ジ・オープンチャンピオンシップ(直訳では ” オープン選手権 “))であり、全英やゴルフという表現は含まれない。

イギリスの社交界では、競馬「ロイヤルアスコット開催」、テニス「ウィンブルドン選手権」、レガッタ「ヘンリー・ロイヤル・レガッタ」と並び、夏の最高峰のスポーツ祭典として知られている。

概要[編集]
正式名称”The Open Championship”には、他の選手権と区別するための表現が何も含まれていない。これはつまり、第1回開催時において、他の選手権が存在しなかったことを示すものであり、この選手権の歴史を如実に示している。

第1回は1860年10月17日にプレストウィックで開かれ、ウィリー・パークが優勝した。

それ以後は、1871年、1915-1919年、1940-1945年の戦争などによる中止をはさみながら、毎年開催する地区を変えて実施している。優勝者には「クラレット・ジャグ」と呼ばれる優勝トロフィーが贈られる。トロフィーは、優勝決定時間を見計らって専門の製作者により優勝者の氏名 (英語) が一つ一つ手作業で刻印され、それが終了次第直ちに表彰式会場に搬送され、優勝者に手渡され、1年間優勝者により保管される。当初はチャンピオンベルトが贈呈されていたが、トム・モリス・ジュニアの3連覇に伴い永久保持となったため、クラレット・ジャグに変わった。ただし、記念大会ではレプリカベルトが贈呈される場合がある。また表彰式では優勝者の紹介はChampion Golfer of the Year (その年のゴルフチャンピオン)と呼ばれている。
引用元:全英オープン (ゴルフ) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E8%8B%B1%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3_(%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95)

William Park Sr. (30 June 1833 – 25 July 1903) was a Scottish professional golfer. He was a 4-time winner of the Open Championship.

Death and legacy
Park died on 25 July 1903.[2] He is primarily best remembered as the winner of four Open Championships, including the inaugural event in 1860, when the field was just eight strong. His other victories came in 1863, 1866 and 1875.[3] Park was the co-holder of the record for most wins in the tournament until James Braid picked up his fifth win in 1910.
引用元:Willie Park Sr. – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Willie_Park_Sr.

全英オープンの勝者に贈られるトロフィーは、独特の形をした銀色のカップである。このカップは「クラレット・ジャグ(the Claret Jug)」と呼ばれる。「クラレット」は、フランス・ボルドー地方で作られる辛口の赤ワインの銘柄。「ジャグ」はジョッキのこと。つまり、あのカップの原型はワインを飲むジョッキということだ。
引用元:クラレットジャグ【Claret jag】- ゴルフ用語 | ゴルフダイジェストTV http://golfdigesttv.jp/yougo/claret-jag/

The Golf Champion Trophy, commonly known as the Claret Jug, is the trophy presented to the winner of The Open Championship (often called the “British Open”), one of the four major championships in golf.

The awarding of the Claret Jug dates from 1872, when a new trophy was needed after Young Tom Morris had won the original Challenge Belt (presented by Prestwick Golf Club) outright in 1870 by winning the Championship three years in a row. Prestwick had both hosted and organised the Championship from 1860 to 1870.

The original Claret Jug has been on permanent display at the clubhouse of The Royal and Ancient Golf Club of St Andrews since 1928.[1] The original Challenge Belt is also on display at the same site, having been donated in 1908 by the Morris family.

The current Claret Jug was first awarded to Walter Hagen for winning the 1928 Open.[1] The winner must return the trophy before the next year’s Open, and receives a replica to keep permanently. Three other replicas exist: one in the British Museum of Golf at St Andrews, and two used for travelling exhibitions.

Every year, the winner’s name is engraved on the Claret Jug before it is presented to him. The BBC always shows the engraver poised to start work, and the commentators like to speculate about when he will be sure enough of the outcome to begin. Despite some suggestions, at the 1999 Open Championship, Jean van de Velde’s name was not engraved on the trophy before he famously choked with a triple-bogey on the 18th hole and Paul Lawrie subsequently won the playoff – engraver Alex Harvey stated “No, I didn’t start engraving the Jug with his name. I’ve got to wait until the secretary hands me a slip of paper with the winner’s name on it, and they always wait until the last putt is dropped.”.[2] Upon being awarded the Jug in 1989, Mark Calcavecchia said, “How’s my name going to fit on that thing?”[3]
引用元:Claret Jug – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Claret_Jug

A silver claret jug is a wine jug made of glass and silver for claret, which is the British name for French red Bordeaux wine.

From the introduction of claret to Britain in 1663 specific vessels soon began to be designed to contain the wine and let it “breathe” before consumption.[1] Early examples of claret jugs are usually in green glass (as were the wine bottles themselves) with a pewter lid, usually raised by a simple finger pad.
引用元:Silver claret jug – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Silver_claret_jug