55勝【朝乃山】

2019年の大相撲で史上初となる
小結以下で年間最多勝を獲得した
力士は阿炎である
×(答)
57%

朝乃山 英樹(あさのやま ひでき、1994年(平成6年)3月1日 – )は、富山県富山市呉羽町出身で、高砂部屋所属の現役大相撲力士。本名は石橋 広暉(いしばし ひろき)。身長188cm、体重172kg。血液型はA型。得意技は右四つ、寄り、上手投げ。最高位は西大関(2020年7月場所)。好物はブリの塩焼きと寿司。

また、年間最多勝を達成したが55勝での達成は年6場所制定着(1958年)以降では史上最低記録。朝日新聞はこれについて、横綱、大関の力が落ちて全体の成績が団子状態になっていること、成績の浮き沈みが激しくなりがちな押し相撲が幕内全体に浸透していることを指摘している[46]。12月14日の2020年1月場所番付発表によって正式に新関脇となる東関脇の地位を得た。富山県出身では1986年9月場所の琴ヶ梅以来、戦後3人目。三段目最下位格付出デビューでは初めて。部屋からは2007年9月場所の朝赤龍以来[47]。本人は関脇昇進会見で「うれしい。(関脇は)三役、小結になって勝ち越さないとなれない地位。先場所2桁勝てたのが良かった」と笑顔を見せ、1月場所の成績次第で大関昇進も見えてくることについて「来場所(初場所)2桁勝たないと意味がないので、先のことは考えずにやっていきたい」と語った[48]。
引用元:朝乃山英樹 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E4%B9%83%E5%B1%B1%E8%8B%B1%E6%A8%B9

令和元年の年間最多勝争いを、新小結朝乃山が制した。小結以下では初の快挙だが、勝利数も勝率も過去最低を更新した。成績が拮抗(きっこう)する原因は突き抜ける力士の不在。背景に、押し相撲の興隆がありそうだ。
引用元:年間最多勝も勝率も過去最低 大相撲、なぜ成績が拮抗:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASMCS3DNWMCSUTQP005.html

阿炎 政虎(あび まさとら、1994年5月4日 – )は、埼玉県越谷市出身で、錣山部屋所属の大相撲力士。本名は堀切 洸助(ほりきり こうすけ)。身長187cm、体重147kg、左利き[3]。最高位は東小結(2019年7月場所 – 2020年1月場所)。好物はシーフード味のカップ麺[4]。大の喋り好き[4]。
引用元:阿炎政虎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E7%82%8E%E6%94%BF%E8%99%8E

平成から令和へと時代が移った今年、大相撲界は新たな世代が台頭し、世代交代を予感させる1年になった。11月の九州場所を新小結で迎えた朝乃山が年6場所で55勝を挙げ、小結以下で史上初の年間最多勝を獲得。2位も小結の阿炎(54勝)だった。一方、長年角界を引っ張る横綱に引導を渡せていないのも事実で、突出した成績を残す若手の台頭が待たれる。
引用元:【大相撲徳俵】小結が初の年間最多勝、優勝者が乱立 転換期となる1年(1/3ページ) – 産経ニュース https://www.sankei.com/premium/news/191230/prm1912300005-n1.html