【UCIワールドチーム】

「ツール・ド・フランス」に
出場するためには、予選大会を
勝ち抜かなければならない
×(答)
68%

ツール・ド・フランスまたは(ル・)トゥール・ド・フランス(仏: Le Tour de France、以下「ツール」)は、毎年7月にフランスおよび周辺国を舞台にして行われる自転車ロードレース。1903年から開催されており、主催は傘下にスポーツ新聞レキップや一般紙ル・パリジャンなどを抱えるフランスの大企業・アモリ・スポル・オルガニザシオン (ASO, Amaury Sport Organisation)。

名称はフランス語で「フランス一周」を意味する[1]。フランス語による同様の名称のレースには、スイスで行われるツール・ド・スイスなどがある。単にル・ツール(Le Tour:ル・トゥール)と称されることもある。FIFAワールドカップ、オリンピックと並び、世界三大スポーツイベントの1つと称されることもある[2]。

トレードチームによる戦いへ[編集]
1960年代に入ると自転車レース人気の高まりからスポンサーが増え、ナショナルチーム制を取る当時のツールに対する不満が高まってきた。これに加えフランスナショナルチーム内においてジャック・アンクティルとレイモン・プリドールが対立、ナショナルチームとして両者を同じレースに出場させることができない状態となった。当時のフランス自転車界の二大スター選手の片方を欠くことはレースの盛り上がりをそぐことになるため、主催者はこの問題を回避すべく1962年からトレードチームによるエントリーを認めることとなった。その後1967年・1968年には一時的にナショナルチーム制が復活するものの、現在に至るトレードチームによる戦いがここにスタートした。
引用元:ツール・ド・フランス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9

UCIワールドツアーのレースでは、自動選出となる同ワールドチームに加え、セカンドカテゴリーにあたるUCIプロチーム(UCIプロコンチネンタルチームから2020年に改称)から数チームがワイルドカード選出される。このシステムは基本、主催者による推薦で決まるもので、レース開催国に属するチームや、有力選手が所属している、活躍が期待される、など選ばれる要素はさまざまだ。

 ツールにおいては、出場チームが自動選出とワイルドカードとを合わせて22と定められており、推薦出場を目指すチームにとっては狭き門に入るために陣容を整えて3週間を戦えるだけの態勢を作る努力をする。
引用元:ツール2020出場全22チームが決定 ワイルドカード3枠はすべてフランス勢が占める | Cyclist https://cyclist.sanspo.com/508368

UCIワールドツアー(UCI WorldTour)は、2011年シーズンより開始された、自転車競技、ロードレースにおける年間シリーズ戦。

チームのカテゴリー[編集]
UCIワールドチーム (UCI WorldTeam)
ワールドツアー全レースに出場義務がある。人数制限はあるが、コンチネンタルサーキットのクラスHC、クラス1のレースにも出場可。ただし、出場してもポイントはつかない。2014年までの名称はUCIプロチーム (UCI ProTeam)。

プロフェッショナルコンチネンタルチーム (UCI Professional Continental Team)
コンチネンタルサーキットを主戦場とする。UCIに1年ごとに認定される必要がある。
コンチネンタルサーキット→クラスHC、クラス1、クラス2(ワールドツアーへは招待で出場可能。ただし、ポイントはつかない。ヨーロッパのクラス2レースには主催国チームでないと出場できない。)

コンチネンタルチーム (UCI Continental team)
プロとノンプロの混成となる。チームを主に構成する選手の出身国の連盟から認可を受ける。
コンチネンタルサーキット→クラスHC、クラス1、クラス2(ただし、ヨーロッパのHCレースには主催国チームでないと出場できない。)

ナショナルチーム
コンチネンタルサーキット→クラス1、2

地域チーム/クラブチーム
コンチネンタルサーキット→クラス2のみ
引用元:UCIワールドツアー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/UCI%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC#%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AE%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B4%E3%83%AA%E3%83%BC

国際自転車競技連合(こくさいじてんしゃきょうぎれんごう、仏: Union Cycliste Internationale, 略称:UCI)は、自転車競技の国際競技連盟。本部はスイスのエーグル(英語版)におかれている。

UCIは競技者、役員(コミセール、監督、コーチ)等のライセンスを管理し、ドーピング関連など、競技に関する規則を執行している。UCIはさらにレースの格付けとランキング制度の運営を行っており、対象となるレースは、ロード、トラック、マウンテンバイク、BMXといった種目で、男子・女子、プロ・アマチュアレースにわたり幅広い。

日本語では、かつて国際サイクリスト連合と訳されたことがあり[1]、日本のマスコミでは国際自転車連合と表記されることも多い。国際自転車競技連合は日本自転車競技連盟の採用している表記である。
引用元:国際自転車競技連合 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80%E9%80%A3%E5%90%88