【グランパス】ウェズレイ、ケネディ【アントラーズ】マルキーニョス

次のJリーグの歴代得点王を
受賞当時の所属チームごとに
グループ分けしなさい
【グランパス】ウェズレイ、ケネディ
【アントラーズ】マルキーニョス
【ジュビロ】中山雅史、高原直泰
【フロンターレ】ジュニーニョ
56%

次のJリーグの歴代得点王を
受賞当時の所属チームごとに
グループ分けしなさい
【レッズ】ワシントン、エメルソン、福田正博
【コンサドーレ】ウィル
【セレッソ】黄善洪
64%

引用元:【レッズ】エメルソン【コンサドーレ】ウィル | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/47464/

027MgKTCFF
次のJリーグの歴代得点王を
受賞当時の所属チームごとに
グループ分けしなさい
【コンサドーレ】ウィル
【ガンバ】エムボマ、マグノ・アウベス
【セレッソ】黄善洪

656Szroeys
次のJリーグの歴代得点王を
受賞当時の所属チームごとに
グループ分けしなさい
【セレッソ】黄善洪(ファン・ソンホン)
【レッズ】福田正博、ワシントン
【ガンバ】エムボマ
引用元:Jリーグ歴代得点王とチーム コンサドーレ「ウィル」 レッズ「福田正博」「ワシントン」 セレッソ「黄善洪(ファン・ソンホン)」 ガンバ「エムボマ」「マグノ・アウベス」 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/17055/

次のサッカー選手を
JリーグでJ1・J2を
通し記録した得点の数が
多い順に選びなさい
ジュニーニョ 116、65
マルキーニョス 152、0
ウェズレイ 124、0
31%

次のサッカー選手をJリーグ・J1で記録した得点の数が多い順に選びなさい
マルキーニョス 152
ウェズレイ 124
ジュニーニョ 116
エジミウソン 111

引用元:J2舞う【J1・J2通算】舞うJエリート【J1】 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/52206/

ウェズレイ (Uéslei) こと、ウェズレイ・ハイムンド・ペレイラ・ダ・シルバ(Uéslei Raimundo Pereira da Silva, 1972年4月19日 – )は、ブラジル・バイーア州出身の元サッカー選手、指導者。現役時代のポジションはフォワード。

愛称は“ピチブー”(猛犬の意)[1]。実弟にジョルジーニョ[1]。

2000年のシーズン途中からJリーグの名古屋グランパスエイトへ入団する。ゴールを量産する活躍をみせ、当初はドラガン・ストイコビッチ、後年にはマルケスとの2トップでリーグ屈指の攻撃陣を形成した。2003年にはJリーグ得点王及びベストイレブンに輝き、翌2004年11月にはアルシンドを抜いてJリーグ外国人最多得点記録を更新した。しかし2005年、ネルシーニョ監督と自身の起用法を巡って衝突、その後クラブ批判にも発展し謹慎処分を受ける[3]。結局開幕戦1試合に出場したのみで退団し、ECバイーアへ戻った。
引用元:ウェズレイ・ハイムンド・ペレイラ・ダ・シルヴァ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%BA%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9A%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A1

マルキーニョスことマルコス・ゴメス・デ・アラウージョ(Marcos Gomes de Araujo、1976年3月23日 – )は、ブラジル・マットグロッソ・ド・スル州リオ・ブリリャンテ出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード。Jリーグ外国籍選手最多得点記録保持者。

現在はブラジルでフッチボレーの選手としてプレー[1]。

2007年から2010年まで鹿島アントラーズでプレーした。2008年は、来日8年目にして初の得点王に輝き、リーグ連覇を経験した。リーグ戦以外でも、3月12日のACLのクルン・タイ・バンクFC戦では来日初のハットトリックを達成。8月6日のナビスコカップ・清水エスパルス戦では来日公式戦100得点目を達成した。

2010年は3月6日のリーグ開幕戦浦和レッドダイヤモンズ戦で、来日通算10シーズン連続得点を達成したほか、4月24日の横浜FMとのリーグ戦で、史上5人目のJ1通算100得点を達成[4]。9月18日の大宮アルディージャとのリーグ戦では、自身のリーグ初ハットトリックを達成した。チームの若返り方針に伴いこの年限りで退団。
引用元:マルコス・ゴメス・デ・アラウージョ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%A1%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A7

ジュニーニョ(Juninho)こと、カルロス・アルベルト・カルヴァリョ・ドス・アンジョス・ジュニオル(Carlos Alberto Carvalho Dos Anjos Junior、1977年9月15日 – )は、ブラジル出身の元プロサッカー選手。ポジションはフォワード/攻撃的MF。

2003年は日本のJ2・川崎フロンターレに期限付き移籍。川崎は元々この前年にCRフラメンゴのサンドロ・ヒロシの獲得に動いていたが、視察した試合で対戦相手にいたジュニーニョにオファーの対象を変えた[1]。渡日初年度の2003年は28得点を挙げ、J2得点ランク2位(1位はアルビレックス新潟・マルクスの32得点)の成績を収めた。さらに完全移籍した2004年[3] には37得点を挙げJ2得点王に輝き、川崎フロンターレのJ1昇格に多大な貢献を果たした。シーズンオフには、スペインのレアル・ベティスからのオファーもあったが残留を選択した。

J1昇格後もその勢いはとどまるところを知らず、得点ランキング上位の常連になった。2007年には31試合で22得点を挙げ、J1では初となる得点王に輝いた。J1・J2双方での得点王獲得はエメルソン以来2人目。
引用元:カルロス・アルベルト・カルヴァリョ・ドス・アンジョス・ジュニオル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AA%E3%83%A7%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%83%AB