Andrea Iannone

2013年よりMotoGPに
参戦しているイタリア人
イアンノーネ(答)
29%

アンドレア・イアンノーネ (Andrea Iannone, 1989年8月9日 – ) は、イタリア・ヴァスト出身のオートバイレーサー。2013年はロードレース世界選手権MotoGPクラスに参戦中。2019年は、アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニに移籍し参戦

2013年シーズンはMotoGPクラスにステップアップし、ドゥカティのサテライトチームであるプラマック・レーシングより参戦する。ドゥカティでの参戦から活躍が注目されていたものの本人としても自分自身に対する期待が大きかったためか、なかなか思うような結果は残せないレースが続きチームメイトのアンドレアドビツィオーゾとの数回にわたる接触転倒や2016年カタルーニャでは、バックストレートエンドのヘアピン進入のブレーキングをミスしてその時点でシーズンのポイントリーダーのホルヘロレンソを巻き込んで転倒リタイヤした。「危険なライダー」とのレッテルも貼られかねないアクシデントが数回あったことやそれら全てが、偶然にもレースのライブ映像として全世界に発信されてしまうという不運な面もあった。それによって開発が進んでこれから成績が上向くところであったドゥカティでのシートを失った。

2017年シーズンより2年間スズキエクスターチームにてMotoGPクラスに参戦する契約を交わした[6]。

2019年、アプリリアからMotoGPに参戦。同年11月3日、第18戦マレーシアグランプリの際に行われたドーピングテストによってアナボリック・ステロイドが検出され、同年12月17日から暫定的に出場停止となっている。

2020年、前年と同様にアプリリアから参戦が決定するも、昨年のドーピング違反にかかる国際懲罰法定(CDI)の審理の結果、翌2021年6月16日までの18か月間出場停止処分が為される(2020年5月現在、控訴中)。なお、同審理について、禁止薬物検出の原因は汚染された食品が原因という選手側の訴えに対しては、その主張が一部認められている。
引用元:アンドレア・イアンノーネ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%8D