Alan Siegel【NBA’s iconic logo】

NBAのロゴのモデルとなってる
元バスケットボールの選手は
ジェリー・◯◯◯◯?
◯を答えなさい
ウエスト(答)
39%

ジェリー・アラン・ウェスト(Jerry Alan West, 1938年5月28日 – )はアメリカ合衆国のバスケットボール選手。選手時代にはNBAのロサンゼルス・レイカーズでプレー。シュートの名手としてチームを牽引し、1度の優勝を経験。土壇場に強いことから「ミスター・クラッチ」のあだ名を持っていた。引退後には殿堂入りを果たした。のちに同チームのゼネラルマネージャーとなり、レイカーズの7度の優勝に貢献した。その後メンフィス・グリズリーズでも同様の役職に就いた。1960年のローマ五輪金メダリスト。ウェストバージニア州チェリアン生まれ[3]。

NBAのロゴで赤と青を背景にドリブルをする白いシルエット[4]は、ウェストをモデルにしたもの。
引用元:ジェリー・ウェスト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%88

赤と青の米国国旗を思わせるようなバックにプレーヤーがドリブルしている白抜きのシルエットを使ったNBAの印象的なロゴは、1969年から採用されたもので、当時のコミッショナーの依頼を受けてデザイナーのアラン・シーゲルが考案した。
 モデルとなったのは、レイカーズのレジェンド、ジェリー・ウェスト氏(81)である。現役時代は、「ミスタークラッチ」と呼ばれたほど勝負強い選手で、引退後に殿堂入り。レイカーズ監督、GMなども歴任した人物である。
引用元:NBAロゴのシルエットを功績称えコービー氏に変更を…ファンが異例の嘆願署名運動をスタートし、すでに45万人(THE PAGE) – Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/990432ad6701087bdc7ee49597cc43a67847e22a

Alan Siegel (born August 26, 1938) is the CEO of Siegelvision, a brand identity consultancy. He is the founder and chairman emeritus of global brand strategy firm Siegel+Gale.

Siegel+Gale
In 1969 Siegel and Robert Gale, a designer that Siegel worked with at Sandgren & Murtha, established their own agency, Siegel+Gale. Initially the agency drew in clients that were mostly interested in developing their visual identities. In 1974 Robert Gale sold his part of the agency. Over the years, Siegel+Gale grew from a logo and design focused company to pioneering the development of corporate voice and simplification. The firm’s notable clients have included Dell, MasterCard, the NBA, Caterpillar, 3M, Xerox, American Express and The New School.
引用元:Alan Siegel – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Alan_Siegel