秋山翔吾【シンシナティ・レッズ】

次の野球選手と
2020年に入団した
大リーグのチームの
正しい組み合わせを選びなさい
山口俊───ブルージェイズ
秋山翔吾───レッズ
筒香嘉智───レイズ
49%

2019年のプロ野球セ・リーグで
最多勝と最多奪三振、最高勝率の
三冠を達成した巨人の投手は誰?
フルネームで答えなさい
やまぐちしゅん(答)
62%

2018年に15勝でセ・リーグの
最多勝を受賞した広島東洋
カープの投手は誰?
フルネームで答えなさい
おおせらだいち(答)
65%
大瀬良大地

引用元:【2019】山口俊、有原航平 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/53892/

山口 俊(やまぐち しゅん、1987年7月11日 – )は、大分県中津市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのトロント・ブルージェイズ所属。

レギュラーシーズンにおける平成最後のノーヒットノーランを達成している[2]。

父は大相撲の元幕内力士・谷嵐久[3]。
引用元:山口俊 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E4%BF%8A

秋山 翔吾(あきやま しょうご、1988年4月16日 – )は、神奈川県横須賀市出身[2]のプロ野球選手(外野手)。右投左打。MLBのシンシナティ・レッズ所属。

日本プロ野球におけるシーズン最多安打記録である216本(2015年)の保持者。

2019年1月に楽天へFA移籍した浅村の後任としてキャプテンに指名された[28]。5月に自身4回目の月間MVPに選出された[29]。9月26日の楽天との最終戦にフル出場し、自身初となる5年連続のフルイニング出場を達した。2014年から継続中のフルイニング出場を「739」に更新し、パ・リーグ記録、NPB歴代単独2位を記録した[30]。10月29日に海外FA権を行使し、メジャー挑戦が発表された[31]。プレミア12にも選出されたが、10月31日の強化試合のカナダ戦で右足に死球を受け骨折。本大会を辞退し、代替選手として丸佳浩が追加招集された[32]。

レッズ時代[編集]
2020年1月6日にシンシナティ・レッズと3年総額2100万ドルで契約を結んだことが発表された[33]。オプションとして表彰等の出来高が含まれ、背番号は「4」[34]。メジャー30球団の中で唯一日本人選手の所属が無いレッズにとって初めての日本人所属となった。
引用元:秋山翔吾 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%8B%E5%B1%B1%E7%BF%94%E5%90%BE

筒香 嘉智(つつごう よしとも、1991年11月26日 – )は、和歌山県橋本市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。MLBのタンパベイ・レイズ所属。

兄は、橋本市でスポーツ教室を運営する筒香裕史。

2019年、1月8日に橋本市のスポーツ推進アドバイザーに、2019年1月20日から2021年3月末までの任期で委嘱されることが発表された[30]。シーズンでは、オールスター後ラミレス監督の方針で一時プロ初となる2番打者を務め、8月には骨折した宮崎敏郎の代役として5年ぶりに三塁を守った。シーズンでは打率.272、29本塁打、79打点だった。阪神とのクライマックスシリーズ終了後、ポスティングシステムを利用してのメジャーリーグ移籍が明らかになった。

レイズ時代
2019年12月13日にタンパベイ・レイズと2年総額1200万ドルで契約を結んだことが発表された[31]。ポスティング費用としてDeNAにはレイズから240万ドル支払われる。背番号はベイスターズ時代と同じ「25」[32]。

2020年からは内野手としてプレーする。
引用元:筒香嘉智 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AD%92%E9%A6%99%E5%98%89%E6%99%BA