【4月】QEII【9月】Baden【10月下】Cox【12月】香港C

次の世界の競馬のレースを
1年の中で行われるのが
早い順に選びなさい
クイーンエリザベス2世カップ【4月】
バーデン大賞【9月】
凱旋門賞【10月初旬】
コックスプレート【10月下旬】
ジャパンカップ【11月】
香港カップ【12月】
47%

クイーンエリザベス2世カップ(クイーンエリザベス2せいカップ、中: 女皇盃、英: QEII Cup)とは香港にある沙田競馬場の芝2000メートルで行われる競馬の競走である。

概要[編集]
1975年5月5日に、イギリス女王エリザベス2世がハッピーヴァレー競馬場に来訪したことを記念して創設された競走である[1][3]。創設時の施行条件はダート(サンド)1575メートルで、1979年に沙田競馬場が開設されると開催がそちらに移された。以来何度もの距離の変遷を経て、1997年からは沙田競馬場芝2000メートルで施行されている[3]。

この競走では長くスイスの高級腕時計ブランド・メーカーのオーデマ・ピゲ社(中: 愛彼錶)がスポンサーとなっており、その間の正式な競走名は「オーデマ・ピゲ賞 クイーンエリザベス2世カップ」であった。2019年からスポンサーが保険会社のFWD(中: 富衛)に変更された。また、2018年以降はチャンピオンズマイルとチェアマンズスプリントプライズの2競走と同日開催になり、開催日は「チャンピオンズデー」という香港競馬下半期の一大イベントとなった[3]。各年の優勝馬にはその年の香港年度代表馬も多く選出されており、その選考決定に重きをなす競走ともなっている[1]。
引用元:クイーンエリザベス2世カップ (香港) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%B6%E3%83%99%E3%82%B92%E4%B8%96%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97_(%E9%A6%99%E6%B8%AF)

The Grosser Preis von Baden is a Group 1 flat horse race in Germany open to thoroughbreds aged three years or older. It is run at Baden-Baden over a distance of 2,400 metres (about 1½ miles), and it is scheduled to take place each year in early September.
引用元:Grosser Preis von Baden – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Grosser_Preis_von_Baden

凱旋門賞(がいせんもんしょう、フランス語: Prix de l’Arc de Triomphe)は、フランスのパリロンシャン競馬場(改修工事の際は、シャンティイ競馬場)で毎年10月の第1日曜日に開催される競馬の重賞(G1)競走である。距離は芝2400m。ヨーロッパ最大の競走の一つで、国際的に著名なスポーツの催しである。

英語圏等で(Arc)、フランス語圏で(L’Arc)と略されることもある。
引用元:凱旋門賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%B1%E6%97%8B%E9%96%80%E8%B3%9E

The W.S. Cox Plate is a Moonee Valley Racing Club Group 1 Thoroughbred horse race for horses aged three years old and over under Weight for age conditions, over a distance of 2040 metres, held at Moonee Valley Racecourse, Melbourne, Australia in late October.[1] The race is Australia’s richest weight-for-age race with stakemoney of A$5,000,000.[2]
引用元:W.S. Cox Plate – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/W.S._Cox_Plate

ジャパンカップは、日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場で施行する中央競馬の重賞競走(GI)である。英称の頭文字から、JCという略称も用いられることがある[3]。

正賞は日本馬主協会連合会会長賞、東京馬主協会賞[1][2]。

概要[編集]
1981年に創設された国際招待競走で、日本初の国際GIでもある[4]。また、国際競走であるため、JRAの厩舎関係者表彰においては、最優秀騎手賞と最優秀調教師賞の資格を得るにあたり「1着をとらねばならない競走」のひとつに指定され、いわゆる「八大競走」と同格の扱いを受けていた[5]。

かつては中山グランドジャンプとジャパンカップダートも国際招待競走になっていたが、中山グランドジャンプは2011年より[6]、ジャパンカップダートは2014年よりチャンピオンズカップに改称の上、いずれもJRAが馬や関係者の諸費用を負担しない国際競走となっている。

本競走は2014年にスイス発祥の世界大手時計メーカー・ロンジンとパートナーシップを締結し公式計時もロンジンがサポート[7]しており、2019年現在の正式名称は「ジャパン・オータムインターナショナル ロンジン賞 第39回ジャパンカップ」となっている[8]。
引用元:ジャパンカップ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97

香港カップ(ホンコンカップ、香港盃、Hong Kong Cup)とは毎年12月中旬に香港にある沙田競馬場の芝2000メートルで行われる3歳以上の競馬の競走である。香港国際賽事(香港国際競走)として香港マイル(芝1600メートル)、香港スプリント(芝1200メートル)、香港ヴァーズ(芝2400メートル)といった国際G1(グループワン)と同日に開催され例年それら4レースの掉尾を飾っている。

メインスポンサーは2011年まではキャセイパシフィック航空、2012年以降はロンジン(香港)である。
引用元:香港カップ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E6%B8%AF%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97