【朗】明るい、あきらか

「ミスターレイソル」と
呼ばれた元サッカー選手です
北嶋秀朗
きたじまひであき(答)
61%

北嶋 秀朗(きたじま ひであき、1978年5月23日 – )は、千葉県習志野市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。元日本代表。現役時代のポジションはフォワード。愛称はキタジ。

1997年、柏レイソルに入団。プロ3年目の1999年からは柏のエースとして活躍し、翌年には得点王争いに絡む活躍を見せると、日本代表にも召集される。アジアカップでは途中出場したグループリーグ第2戦のウズベキスタン戦で初ゴールを決めるなどしたが、定着には至らなかった。その後クラブではチーム方針への不満などから2003年には清水エスパルスへ移籍。2006年、J2に降格直後の古巣・柏に電撃復帰。チームの精神的支柱としてJ1昇格に貢献し、副キャプテンとしてチームを牽引した。2011年シーズンは、4月29日にヴァンフォーレ甲府戦での決勝ゴールでJ1通算50得点を達成、12月3日浦和レッドダイヤモンズ戦では3-1で勝ってJ1優勝及びAFCチャンピオンズリーグ進出に貢献した。

2012年シーズンオフにロアッソ熊本より獲得のオファーを受ける[3] も一旦は残留を表明したが、シーズン途中の5月25日に、ロアッソ熊本へ期限付き移籍をすることが発表された[4][5]。期間は6月1日より翌年1月末まで[6] であるが、選手登録期間の関係上、公式戦では7月20日以降に開催される分より出場可能となった。背番号はサンキューという英語でありがたいという意味もあって39を付けた[7]。途中加入であること及び怪我によりリーグ戦では8試合出場に留まったが、3得点を挙げた。

2013年よりロアッソ熊本へ完全移籍となった[8][9]。同年10月17日、同シーズン限りで現役を引退することが発表された[10]。2014年からはロアッソ熊本のトップチームアシスタントコーチ兼アカデミースタッフに就任[11]、2015年よりトップチームコーチに昇格した[12]。
引用元:北嶋秀朗 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%B6%8B%E7%A7%80%E6%9C%97

漢字「朗」

部首
月 (つき・つきへん)
画数
10画
種別
教育漢字常用漢字名前に使える漢字
音読み 小ロウ
訓読み 中ほが(らか)
△あき(らか)
△たか(らか)
意味 ほがらか。晴れ晴れとして明るい。
あきらか。はっきりしている。
たからか。声が高くてはっきりしている。
引用元:「朗」の部首・画数・読み方・筆順・意味など https://kanji.jitenon.jp/kanjic/1317.html


の意味や読み,を含む男女の名前例,字画と占い (3233件)
この漢字は人名に使えます。男の子に多く使われる漢字です。

意味
明るくて快活である。 声が明るくて大きい。 清らかにすんでいて、くもりがなく、すがすがしい。
画数
10画
部首
月(つきへん,つき)
音読み
ロウ
訓読み
ほがらか
他の読み
あき,あきら,お,さえ,とき,ほがら
イメージ
幸運,思いやり,幸福,やさしい,明るい,ユーモア
引用元:「朗」の意味や読み,「朗」を含む男女の名前例,字画と占い (3233件) | みんなの名前辞典 – 点数が出る無料の名前占い/相性診断,姓名判断 https://mnamae.jp/c/6717.html?ln=