女子テニス選手と国籍 「ツベタナ・ピロンコバ」ブルガリア 「ヒセラ・ドゥルコ」アルゼンチン 「ペトラ・ツェトコフサ」チェコ

043pVNwpwFbdk
次の女子テニス選手と国籍の
正しい組み合わせを選びなさい
ツベタナ・ピロンコバ───ブルガリア
ヒセラ・ドゥルコ───アルゼンチン
ペトラ・ツェトコフサ───チェコ

>ツベタナ・ピロンコバ(Tsvetana Pironkova, ブルガリア語: Цветана Кирилова Пиронкова, 1987年9月13日 – )は、ブルガリア・プロヴディフ出身の女子プロテニス選手。2010年のウィンブルドン女子シングルスでベスト4に入った選手である。現時点では、まだWTAツアーでシングルス1勝を挙げている。身長180cm、体重65kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。自己最高ランキングはシングルス31位、ダブルス141位。
引用元: ツベタナ・ピロンコバ – Wikipedia

ヒセラ・ドゥルコ(Gisela Dulko, 1985年1月30日 – )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身の女子プロテニス選手。WTAツアーでシングルス4勝、ダブルスで2011年全豪オープンを含む17勝を挙げた。自己最高ランキングはシングルス26位、ダブルス1位。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。赤土のクレーコートを最も得意にした。
引用元: ヒセラ・ドゥルコ – Wikipedia

>Petra Cetkovská (Czech pronunciation: [ˈpɛtra ˈtsɛtkofskaː]; born 8 February 1985 in Prostějov, Czechoslovakia) is a professional female tennis player from the Czech Republic. She reached her career high singles ranking World No. 25 on 18 June 2012.
引用元: Petra Cetkovská – Wikipedia, the free encyclopedia

「英語圏でよくあるのは、『ジョンソン』や『ロビンソン』といった『~SON』が付く姓。また、北欧では『ヨハンセン』や『アンデルセン』などの『~SEN』がつく姓が多くあります。どちらも『~の息子』という意味で、血縁が中心の部族社会だったときに広まった姓です」

梅田氏によると、こうした「~の息子」を意味する姓は世界各地で見られるという。ロシアの「イワノフ」や「ロマノフ」に共通する「~OV」、中欧・東欧によく見られる「ストイコヴィッチ」や「ジョボヴィッチ」のような「~IC」などはいずれもこのパターン。一方、“語尾”ではなく“語頭”につくパターンとしては、アイルランドやスコットランドに多い「マッカーサー」や「マクレガー」の「MC~」「MAC~」がこれに相応するという。

「その他、ドイツでは、『クリンスマン』のように『~MANN』という姓がよくあります。これは文字通り『人』という意味。また、ポーランドなどでよくある『チャイコフスキー』のような『~SKI』や、オランダの『ファン・バステン』『ファン・ニステルローイ』の『ファン』(VAN~)は『~生まれ(出身)』という意味を示しています」
引用元:名前でどこの国の人か見抜くコツ | R25 https://r25.jp/topic/00037777/