立石智紀たていしとものり 遠藤保仁のPKを2度防ぐ

332RCPLRZpBpM
日本代表のMF・遠藤保仁がプロ
入り後、公式戦ではPKを唯一2度
止められたGKは◯◯◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
たていしとものり
立石智紀

立石 智紀(たていし とものり、1974年4月22日-)は、千葉県出身の元サッカー選手。ポジションはゴールキーパー。
>2004年からは背番号1を背負い、2005年、第19節の柏戦から怪我で離脱した櫛野に代わり出場。以後の公式戦ではチームの堅守に貢献し、プロ13年目にして初めてレギュラーを獲得。ナビスコカップ決勝のG大阪戦でも神懸り的セーブを連発し、PK戦にまでもつれたこの試合で、遠藤保仁のPKを一本止め、自ら試合に決着をつけた。この活躍で、ジェフに初のタイトルをもたらすとともに、自身もナビスコカップMVPを獲得。なお、遠藤はPKの名手であるが、立石はこの決勝のほか2006年のA3チャンピオンズカップでも遠藤のPKを止めている(その後の取材で、また遠藤のPKを止められますかとの質問に対して「もう無理でしょう」と回答している)。
引用元: 立石智紀 – Wikipedia.

遠藤 保仁(えんどう やすひと、1980年1月28日 – )は、鹿児島県桜島町(現:鹿児島市)出身のプロサッカー選手。Jリーグ ディビジョン1・ガンバ大阪所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー。実兄は元サッカー選手の遠藤彰弘。
日本代表の国際Aマッチ出場数最多記録保持者[2]。2009年アジア年間最優秀選手。
>ガンバでは2002年に就任した西野朗監督の下、攻撃的なスタイルを標榜するチームの中心選手になっていき、ガンバに移籍して3年目の2003年に初めてJリーグベストイレブンを受賞する。2005年のナビスコカップ決勝の千葉とのPK戦では立石智紀相手にプロ入り以来初めてPKを失敗してしまいナビスコカップ優勝を逃すも[5]、この年自身初のシーズン2桁得点を記録し、リーグ最終節の川崎戦では、PKでガンバにとって初のタイトルとなるJリーグ優勝を決める決勝ゴールを挙げ、自身にとっても初となるJリーグ優勝を経験。
>遠藤はPKを蹴る際、しばしば遅めの球速で蹴る場合がある。ボールがピッチ上をコロコロ転がりゴールマウスに向かう様子からメディアやファンからは通称「コロコロPK」と呼ばれている[42]。助走時間を長く取ってゆっくりとボールに近づき、ボールは一切見ず相手ゴールキーパーの動きを最後まで見ることで相手の重心の動きを見極め[5]、ゴールキーパーが動いた方向とは逆方向にインサイドキックでボールを転がすように蹴る[43]。もしゴールキーパーが動かなかった場合はサイドに強く蹴る[43]。
引用元: 遠藤保仁 – Wikipedia.

GK立石(千葉)による、遠藤コロコロPK攻略法 実践編
>遠藤のコロコロPKの攻略法です(05年ナビスコ決勝、06年A3杯) 2008年には、リーグ戦で神戸の徳重もコロコロPKを止めました。→(sm4408781)
引用元: GK立石(千葉)による、遠藤コロコロPK攻略法 実践編 – ニコニコ動画:GINZA.