久保竜彦(FW)の所属クラブ「サンフレッチェ広島」「横浜F・マリノス」「横浜FC」

289iFSFKqmfnR

次のうち
元日本代表の久保竜彦が
所属したサッカークラブを
全て選びなさい
横浜FC◯
サンフレッチェ広島◯
清水エスパルス
横浜F・マリノス◯
名古屋グランパス

久保 竜彦(くぼ たつひこ、1976年6月18日 – )は、福岡県朝倉郡筑前町出身のサッカー選手。ポジションはFW(センターフォワード)。筑陽学園高等学校卒業。
>クラブ
サンフレッチェ広島
横浜F・マリノス
横浜FC
サンフレッチェ広島
ツエーゲン金沢
廿日市FC
>「日本人離れした」という枕詞のつくストライカー/センターフォワード。シュートスピード・射程距離の長さ・驚異的なジャンプ力といった高い身体能力から、誰も予想出来ないような豪快でアクロバティックなゴールを決めたと思えば、相手の動きを見てコースを狙い確実に決める繊細な技術と冷静な判断も持ち合わせている[3]。
>1995年、サンフレッチェ広島へ入団[注 2]。入団当初MF登録であったが1年目に河内勝幸サテライトチーム監督にFWへコンバートされる[8]。2年目、ビム・ヤンセン監督はエースFWの高木琢也の控えFWとして、あるいは久保をトップ下に入れて同時起用した。黄金世代の1世代上で年代別代表経験のない久保は無名な存在だったが、一部関係者にはこのころから評価されていた[10]。
>2003年、横浜F・マリノスへ移籍[16]。一気にブレイク、Jリーグにおいて群を抜く攻撃力を示し年間優勝に貢献し、日本年間最優秀選手賞受賞。
>2007年、奥大介が横浜FMから戦力外通告を受け、横浜FCへ移籍。久保には横浜FMから残留要請されたが、奥と共にする形で横浜FCへ移籍した[20]。シーズン通じて怪我が多く、リーグ戦は序盤の8試合に出場したのみで、その後はほとんど試合に出られなかった。シーズン終了後、戦力外通告を受ける[21]。