15回【PP年間獲得数】

2010年にセバスチャン・ベッテル
がF1史上最年少の世界王者
に輝いたのは何GP?
アメリカGP

アブダビGP(答)
日本GP
イタリアGP
31%


23歳134日と、史上最年少で
エフワンのワールドチャンピオン
となったドライバーは
セバスチャン・ベッテルである
◯(答)
×ルイス・ハミルトン
68%

058ictcfkhobjv
次のうち
セバスチャン・ベッテルが
在籍したことがある
F1チームを全て選びなさい
トヨタ
ザウバー(答)
トロロッソ(答)
BMW(答)
レッドブル(答)
フェラーリ(答)

cimg6376
2011年にセバスチャン・ベッテル
が記録した、エフワンの年間
最多ポールポジション獲得記録は
◯◯回? 数字で答えなさい
15(答)
引用元:セバスチャン・ベッテル | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84/43556/

セバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel, 1987年7月3日 – )は、ドイツ・ヘッペンハイム出身のレーシングドライバー。

2010年、2011年、2012年、2013年のF1ワールドチャンピオン。史上最年少ワールドチャンピオン・史上最年少優勝をはじめ、F1において数々の最年少記録を樹立した。

(※ドイツ語では「ゼバスティアン・フェッテル(フェテル)」と言う発音が近いが、本項目では、英語での読み方でフジテレビでのF1中継で使用されている「セバスチャン・ベッテル」で統一する)

F1
BMWザウバー時代
2007年

2007年、第6戦カナダGPで大クラッシュしたロバート・クビサが、FIA医師団の判断により第7戦アメリカGPを欠場したため、代役として急遽F1に参戦することとなった。この19歳349日で参加したレースで8位に入賞し、ジェンソン・バトンの20歳67日を更新し、当時のF1史上最年少入賞記録を樹立した(2014年にダニール・クビアトが、さらに2015年にマックス・フェルスタッペンが更新している)。

第15戦シンガポールGPでは2位。大雨で予選が日曜に順延になった第16戦日本GPでは、2年連続のポールトゥウィンを飾った。第17戦韓国GPも雨のレースとなり、PPから首位を快走していたが46周目にエンジンブローでリタイア。残り2戦でランキングトップのアロンソに25ポイント差をつけられたが、第18戦ブラジルGPで4勝目を挙げてタイトルへの望みをつないだ。そして、最終戦アブダビGPでポールトゥウィンという形でタイトル獲得の最低条件の2位以内を達成。この時点で唯一逆転可能なドライバーとなったアロンソは同GPを7位で終わったため、ベッテルは最終戦でシーズン初めてポイントランキング首位に立つと同時に、自身初のワールドチャンピオンに輝いた。ルイス・ハミルトンが保持していた史上最年少ワールドチャンピオン記録「23歳300日」を、「23歳134日」に更新した。
引用元:セバスチャン・ベッテル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%90%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AB