【わかさ】野球場【たけびし】陸上【ハンナリーズ】体育館

京都サンガF.C.の本拠地である
京都市西京極総合運動公園陸上
競技場の2019年8月からの名称は
「◯◯◯◯スタジアム京都」?
ぎんけやし
びたなかは
たけびし(答)
16%

京都市は18日、西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(右京区)の命名権(ネーミングライツ)の契約候補事業者に、産業用電子機器などを扱う商社「たけびし」(同区)を選び、通称は「たけびしスタジアム京都」に決まったと発表した。同公園内の野球場「わかさスタジアム京都」と、スタジアム名称が併存する形になる。市がネーミングライツを導入するのは15施設目。

 売却額は年間4千万円で、契約期間は10年。売却で得た収入は施設の維持管理に充てるという。
引用元:京都・西京極陸上競技場は「たけびしスタジアム京都」 命名権|経済|地域のニュース|京都新聞 https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/8432

京都市西京極総合運動公園野球場(きょうとしにしきょうごくそうごううんどうこうえんやきゅうじょう)は、京都府京都市右京区の京都市西京極総合運動公園内にある野球場。施設は京都市が所有し、京都市体育協会が指定管理者として運営管理を行っている。

通称は「西京極球場」。2009年4月から京都市下京区に本社を置くサプリメントメーカーの株式会社わかさ生活が命名権を取得しており、「わかさスタジアム京都」(わかさスタジアムきょうと)の呼称を用いている(詳細は後述)。

命名権
京都市は2008年(平成20年)11月21日、西京極総合運動公園内の3施設(陸上競技場、野球場、体育館)を対象(野球場は年間契約額2,500万円以上、契約期間5年以上、施設名称に「京都」もしくは「西京極」を付与することなどを条件)として施設命名権(ネーミングライツ)を募集。2009年3月16日、サプリメントメーカーのわかさ生活が当球場の命名権を年額2,500万円で取得した。契約期間は2009年4月1日から10年間で、命名権により「わかさスタジアム京都」の呼称を使用している[7][8]。NPB公式サイトなどでは「わかさ」「京都」「わかさ京都」などと記される場合もある。なお2018年に、命名権の契約期間について2024年(令和6年)3月31日まで5年間新たに継続する合意がなされた[9]。
引用元:京都市西京極総合運動公園野球場 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B8%82%E8%A5%BF%E4%BA%AC%E6%A5%B5%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%81%8B%E5%8B%95%E5%85%AC%E5%9C%92%E9%87%8E%E7%90%83%E5%A0%B4

京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(きょうとし にしきょうごくそうごううんどうこうえん りくじょうきょうぎじょう けん きゅうぎじょう)は、京都府京都市右京区の京都市西京極総合運動公園内にある陸上競技場兼球技場。施設は京都市が所有し、京都スポーツネットワーク(公益財団法人京都市体育協会、近建ビル管理株式会社,美津濃株式会社による共同事業体)[3]が指定管理者として運営管理を行っている。

京都市右京区に本社を置く商社のたけびしが命名権を取得し、「たけびしスタジアム京都」(たけびしスタジアムきょうと)の呼称を用いている(後述)。

施設命名権
2019年6月18日、京都市右京区に本社を置き、ファクトリーオートメーション機器や産業機械の設計・施工・販売などを手掛ける商社である株式会社たけびしが命名権を取得したと発表された。契約期間は10年間、年額4,000万円で、同年7月に正式に契約を締結。8月1日から「たけびしスタジアム京都」の呼称を用いている[7]。
引用元:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B8%82%E8%A5%BF%E4%BA%AC%E6%A5%B5%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%81%8B%E5%8B%95%E5%85%AC%E5%9C%92%E9%99%B8%E4%B8%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80%E5%A0%B4%E5%85%BC%E7%90%83%E6%8A%80%E5%A0%B4

伝統と革新が調和する町 京都。
ここで育った技術商社“たけびし” だからこそ、できることがあるはずです。
私たちはこれからも、時代と共に変わり続けるお客様のご要望に真摯に耳を傾け、知恵を絞り、工夫を凝らして新しい未来を創造してまいります。
当社は1926年の創業以来、京都・滋賀地区を主力地盤に、三菱電機製品を中心とした産業用電機・電子機器を取扱う技術商社として、多くのお客様に支えられながら今日の経営基盤を築いてまいりました。

現在では営業拠点を7支店・1営業所、関係会社7社(国内3社・海外4社)へと拡大し、主力の三菱電機製品と多くのパートナー製品に加え、当社独自の技術力を活かしたオリジナル製品の開発を進めながら、お客様の多様なニーズにお応えしてまいりました。

“たけびし”は、産業機器、半導体・デバイス、社会インフラ、情報通信という社会のあらゆるシーンにおいて、お客様の満足と感動を提供し続ける“トータルソリューション技術商社”として、時代の最先端で挑戦を続けてまいります。

“京都発 最強の技術商社”を目指し、これからも皆様と共に歩んでまいる所存です。今後ともご愛顧の程よろしくお願い致します。
引用元:社長メッセージ | 株式会社たけびし https://www.takebishi.co.jp/company/outline/message.html