【北川航也】

2019年8月にJリーグの
清水エスパルスからオーストリア
のラピッド・ウィーンに移籍した
サッカーの日本代表のFWは誰?
忠村島北也
航哲弘川輔
北川航也(答)
41%

北川 航也(きたがわ こうや、1996年7月26日 – )は、静岡県静岡市出身のプロサッカー選手。オーストリア・ブンデスリーガ・SKラピード・ウィーン所属。ポジションはフォワード(FW)。日本代表。

清水エスパルス[編集]
2015年、ユースから清水エスパルスに昇格。同年5月21日、ナビスコカップ・名古屋グランパスエイト戦でプロ初得点[1]。

2016年7月11日、J2第22節のロアッソ熊本戦では自身初の2得点を決めて勝利に貢献した[2]。

代表歴[編集]
2018年10月8日、FW小林悠の怪我による代表離脱に伴い、キリンチャレンジカップ2018のパナマ戦・ウルグアイ戦に代表初招集されることが発表され[15][16]、10月12日のパナマ戦で日本代表初出場。11月20日、キルギス戦で代表初先発を果たし[17]、後半27分に大迫勇也のゴールをアシストした[18]。
引用元:北川航也 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%B7%9D%E8%88%AA%E4%B9%9F

SKラピード・ウィーン(ドイツ語: Sportklub Rapid Wien)は、オーストリアの首都ウィーンを本拠地とするサッカークラブである。オーストリア・ブンデスリーガに加盟し、FKアウストリア・ウィーンやFCレッドブル・ザルツブルクと共にリーグを代表する強豪である。

国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)が発表した20世紀ヨーロッパにおけるクラブランキングでは、22位にランクされた国を代表するクラブである[1]。

オーストリア・ブンデスリーガが創設された1911年から常に1部リーグに所属している同国で最も歴史のあるクラブの一つである。合計32回のリーグ最多優勝回数を誇る同クラブは紋章の上に3つの星(1つの星=リーグ優勝10回分)をつけることがリーグ機構によって許可されている。

ナチス・ドイツにオーストリアが併合されていた期間にはドイツ・ブンデスリーガの前身であるドイツ・サッカー選手権(1941年)とDFBポカール(1938年)で優勝を果たした唯一のドイツ外のクラブである。
引用元:SKラピード・ウィーン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/SK%E3%83%A9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3