ティボ・クルトワ【レアルGK】

次のベルギー代表の選手と
所属しているサッカークラブの
正しい組み合わせを選びなさい
ティボ・クルトワ─レアルマドリード
シモン・ミニョレ─クラブ・ブルージュ
フェルトンゲン─トッテナム
47%

ティボ・ニコラ・マルク・クルトゥワ(Thibaut Nicolas Marc Courtois, 1992年5月11日 – )は、ベルギー・リンブルフ州ブレー出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。レアル・マドリード所属。「クルトワ」と表記されることもある。

ベルギーのヘンクでプロデビューすると、2年後にはイングランドのチェルシーに移籍。スペインリーグ、アトレティコ・マドリードへの3年間のレンタル移籍を経てチェルシーに復帰した。ベルギー、スペイン、イングランドのトップリーグでプレーし、それぞれのリーグで最優秀ゴールキーパー賞を受賞した。2018年夏、アトレティコ・マドリードのローカルライバルとなるレアル・マドリードへ移籍した。

ベルギー代表として2011年にデビューし、2014 FIFAワールドカップからは国際大会でもベルギー代表の正ゴールキーパーを務める。2018年にはFIFAワールドカップのゴールデングローブにも選ばれた。
引用元:ティボ・クルトゥワ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%9C%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AF

シモン・ミニョレ(Simon Luc Hildebert Mignolet、1988年3月6日[1] – )は、ベルギー・シント=トロイデン出身のサッカー選手。ベルギー・ファースト・ディビジョンA・クラブ・ブルッヘ所属。ベルギー代表。ポジションはゴールキーパー。

2019年8月5日、クラブ・ブルッヘへの移籍が決定[6]。

代表[編集]
ベルギーU-21代表としては8試合の出場経験はあるが、当時はローガン・バイリーの後塵を拝しており、好成績を残したUEFA U-21欧州選手権2007と北京オリンピックの出場は逃した。2010年9月1日にA代表に初選出され、2011年3月25日のオーストリア戦(EURO2012予選)でA代表デビューを飾った。
引用元:シモン・ミニョレ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%83%A7%E3%83%AC

ヤン・ベルト・リーフェ・フェルトンゲン(Jan Bert Lieve Vertonghen、1987年4月24日 – )は、ベルギー王国フランデレン地域オースト=フランデレン州シント=ニクラース出身のサッカー選手。プレミアリーグ・トッテナム・ホットスパーFC所属。ベルギー代表。ポジションはディフェンダー、ミッドフィールダー。

ヴェルトンゲンと表記されることもある。

トッテナム・ホットスパー時代[編集]
2011-12シーズン終了後には本人が国外でのプレーを希望していたことから、プレミアリーグのクラブを中心に多くの関心が寄せられた。アヤックスとの契約上の諸問題からやや交渉が難航するものの[12]2012年7月12日、以前よりフェルトンゲンを高く評価していたトッテナム・ホットスパーFCへの移籍完了が発表された[13]。その2日後、ブレントフォードFCとの親善試合 (3-2) にセンターバックとして出場しトッテナムでのデビューを果たした。2012-13シーズンはセンターバックとしてレギュラーに定着した。また、試合によっては左サイドバックもこなした。3月には3ゴールをあげるなど活躍し3月のプレミアリーグ月間最優秀選手に選ばれた。

2015-16シーズンよりチームの副主将に就任した。2016年12月トッテナムとの契約を2019年まで延長した[14]。

2017-18シーズンは大きな怪我も無く試合出場を続け、2度目となるプレミアリーグ年間ベストイレブンに選出された[15]。

2018-19シーズンの開幕戦、ニューカッスル戦ではゴールテクノロジーの判定となったがトッテナムのシーズン最初のゴールを決めた。
引用元:ヤン・フェルトンゲン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%B3