【鈴キンブレル】

キンブレルを真似た投球前の動作
が特徴の、2019年から中日の
守護神を務めている投手は誰?
フルネームで答えなさい
すずきひろし(答)
42%
鈴木博志

鈴木 博志(すずき ひろし、1997年3月22日 – )は、静岡県掛川市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

中日時代[編集]
2018年は開幕から中継ぎとして53試合に登板し、防御率4.41、4勝6敗12ホールドという成績だった。

2019年からは新監督与田剛に抑えに抜擢される。この年からクレイグ・キンブレルの投球前のルーティーンを真似をするようになった。開幕から抑えで起用され14セーブを挙げたが、6月7日に登録抹消された。

選手としての特徴[編集]
ゆったりとした力みのないフォームから社会人時代に最速157km/hを記録する(ブルペン投球)、力強いスピンの効いた[12][注 1]ストレートを武器とするパワーピッチャー。変化球はカットボール、スライダー、フォーク、カーブを持つ[7]。プロ入り後の最速は156km/h[18]。
引用元:鈴木博志 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%8D%9A%E5%BF%97

クレイグ・マイケル・キンブレル(Craig Michael Kimbrel, 1988年5月28日 – )は、アメリカ合衆国アラバマ州ハンツビル出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのシカゴ・カブス所属。愛称は「ダーティー・クレイグ」[2]。

2010年代のMLBを代表するクローザーであり、2017年シーズン終了時点で、最多セーブ投手に4回輝いており、2011年から8年連続でシーズン30セーブ以上を記録している。2018年5月5日、史上最年少(29歳11か月)での通算300セーブを達成した[3]。

投球スタイル[編集]

スリークォーターから150km/h台後半の速球(フォーシーム)、140km/h前後のパワーカーブ を繰り出す。

速球が約70%、パワーカーブが約30%という割合で投げ分けている[26]。以前はチェンジアップやツーシーム[27]もレパートリーに含まれていたが、現在は先述の2球種のみを操っている。

投球モーションを行う前に上体を水平に倒し、右腕を軽く前に出し、投球コースを見定めるようなポーズを取る(通称「キンブレル・ポーズ」)。

パワーカーブは以前、その球速や軌道からスライダーに分類されていたが、投げる際に人差し指を縫い目に合わせて弾く握り方から、現在はパワーカーブ(もしくはナックルカーブ)に分類されている[28]。
引用元:クレイグ・キンブレル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%AB