Rich Gale

1985年に13勝をあげて阪神の
優勝に貢献した外国人投手は
リチャード・◯◯◯?
◯を答えなさい
ゲイル(答)
37%

リチャード・ブラックウェル・”リッチ”・ゲイル(Richard Blackwell “Rich” Gale , 1954年1月19日 – )は、アメリカ合衆国ニューハンプシャー州リトルトン出身の元プロ野球選手(投手)。

1985年に来日し、阪神タイガースに入団。これはこの年監督に復帰した吉田義男が1980年のワールドシリーズの投球を直接目にし、印象に残っていたことが遠因であった。吉田によると「体は大きいが神経質な投手」だったという[1]。シーズン中盤には投球モーションの大きい点を突いた足を使った攻撃に悩まされて白星から遠ざかり、ブルペン入りを申し出たが、吉田は「先発で契約したからはずさない」と使い続けた[1]。この年は打線が爆発したこともあって立ち直り、防御率4.30ながら13勝8敗の好成績を収める。日本シリーズでも2勝を挙げ、日本一を決めた第6戦は完投勝利。阪神では初にして唯一の日本シリーズ胴上げ投手となった。

1986年は、前年の打線の爆発がなくなり防御率は4.56、5勝10敗に落ち込み、オフに自由契約となり退団。同年に開幕投手を巡り吉田と対立。吉田は開幕カードの対大洋3連戦を池田親興・工藤一彦・ゲイルと決めていたが、ゲイルは「なぜ前年の優勝に貢献した自分が第3戦なのだ」と反論した。これに対し吉田は調整の遅れや既に他球団に投球を読まれているためだと説明している。このように起用法や遠征先での待遇にことあるごとに注文を出し、吉田を「ゲイルは1年目で切っておくべきだった」と後悔させている[2]。引用元:リッチ・ゲイル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%AB