【金】ボール【銀】フープ・クラブ

2019年の新体操世界選手権団体
種目別で日本が優勝したのは
フープである
✕(答)
◯ボール
57%

2017年の新体操世界選手権
種目別フープで銅メダルを
獲得した選手は◯◯夏穂?
◯の苗字をひらがなで答えなさい
みながわ(答)
15%

引用元:かほ【夏穂】 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/53806/

【バクー=共同】新体操の東京五輪予選を兼ねた世界選手権最終日は22日、バクーで非五輪種目の団体種目別決勝が行われ、日本(松原、杉本、竹中、鈴木、横田、熨斗谷)が予選3位で通過したボールで29.550点をマークし、団体初の金メダルに輝いた。

予選1位のフープ・クラブでは29.400点で銀メダル。ロシアが29.450点で制した。

日本は21日に五輪種目の団体総合で1975年大会以来44年ぶりに銀メダルを獲得した。

個人は75年大会種目別フープで平口美鶴が世界一になっている。
引用元:日本、種目別ボールで金 世界新体操団体で初  :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK00635_S9A920C1000000/

【バクー時事】新体操の世界選手権最終日は22日、アゼルバイジャンのバクーで団体種目別決勝が行われ、日本(杉本、松原、鈴木、竹中、熨斗谷、横田)がボールで金メダル、フープ・クラブでは銀メダルに輝いた。団体の金メダルは、総合を含めて史上初めて。日本は団体総合の銀に続き、今大会でメダル3個を手にした。
 日本は2種目ともミスを抑え、ボールは29.550点で快勝。フープ・クラブは29.400点を挙げ、29.450点のロシアに次ぐ2位とした。
 世界選手権で日本勢が金メダルを獲得したのは、1975年に個人種目別でフープを制した平口美鶴以来で、2個目。
 東京五輪の新体操団体は、2種目を合計した総合得点で争われる。
引用元:日本団体、ボールで初優勝=フープ・クラブは銀-世界新体操:時事ドットコム https://www.jiji.com/jc/article?k=2019092200372&g=spo