【Emilio Giuseppe Farina】

1950年代にF1の初代
世界王者となったドライバーは
ジュゼッペ・◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
ファリーナ(答)
39%

019AwBIzaJLAY

◯◯◯◯◯・パンカロ
◯◯◯◯◯・ファバッリ
◯◯◯◯◯・ロッシ
◯◯◯◯◯・シニョーリ
ジュゼッペ(答)
ジョバンニ
アルベルト
アレックス

引用元:共通する名前「ジュゼッペ」パンカロ ファバッリ ロッシ シニョーリ | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84/2551/

エミリオ・ジュゼッペ・ファリーナ(Emilio Giuseppe Farina 、1906年10月30日 – 1966年6月30日)は、イタリア・トリノ出身のレーシング・ドライバーである。1950年に創始されたF1世界選手権の初代チャンピオンでもある。博士号を持つことから、ドクター・ファリーナの異名を取った。また、ニーノの愛称もある。

F1[編集]
1950年に始まったF1世界選手権において、開幕戦のイギリスGPでポールポジションを獲得し、レースでも優勝。ポールトゥーウィンを達成し、創設初戦における、それぞれの初代1位獲得者として名を刻んだ。この年3勝を挙げ、ファン・マヌエル・ファンジオやルイジ・ファジオーリに競り勝ち、初代ワールドチャンピオンとなった。

1951年はチームメイトの1人だったファンジオがシーズンを圧巻し、ファリーナは1勝に終わる。またこの年をもってアルファロメオが撤退したため、以降フェラーリを駆ることになる。この際、アルベルト・アスカーリのセカンドドライバーとしての契約となったが、年下のアスカーリのセカンドドライバーという立場に不満を抱いていた。1953年以降は勝利から遠ざかったこともあって、1955年半ばにF1から引退した。
引用元:ジュゼッペ・ファリーナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%9A%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8A