アンブッシュマーケティングを排除【地元企業は可】

五輪やサッカーのW杯の期間中は
ネーミングライツによる企業名が
入った呼称を禁止する決まりを
「◯◯◯◯スタジアム」という?
ンイグラー
リワホトク
クリーン(答)
-%

388GRRQKxo
389iafvsAI
「核心地域」とも呼ばれる世界遺産
の本体となる、厳格に保全・保護
が義務付けられた区域の名称は
コアゾーンですが

それを保護するために周囲に
設けられる、「緩衝地帯」とも
呼ばれる利用制限区域は◯◯◯◯
ゾーン? ◯を答えなさい
バッファ(答)
「コアゾーン」
「バッファゾーン」
引用元:世界遺産の区分「コアゾーン」核心地域・資産(プロパティ) 「バッファゾーン」緩衝地帯 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a/24684/

命名権(めいめいけん、英:naming rights)は、人間や事物、施設、キャラクターなどに対して命名することができる権利である。1990年代後半以降、スポーツ、文化施設等の名称に企業名を付けることがビジネスとして確立した。また、科学の世界においても、新発見の元素や天体に対して発見者が、生物の学名は記載者が、それぞれ命名権を持つ慣習がある。

スポーツ、文化分野での命名権[編集]
従来から、スポーツ大会などにスポンサーの名称を冠する形での命名権ビジネスは存在していたが、1990年代後半頃から、アメリカにおいてスポーツ施設等の名称に企業名を付けるビジネスが広がった。まず、メジャーリーグでクラシカルな新球場が多く建設されたとき、その名称に企業名が命名され始め、高い費用対効果が認められたことから、他のスポーツ種目やヨーロッパのスポーツ界へと広がっていった。日本においては、2000年代前半から赤字の公共施設の管理運営費を埋め合わせる手段のひとつとして導入され、その範囲はスポーツ施設や文化施設、路面電車の停留所などに及んでいる。ちなみに地方自治法において命名権売却は「公有財産の処分」にあたらないため、各自治体の議会での議決は必要ない[1]。

施設等の管理者にとっては、命名権を販売することにより収入が得られるメリットがあり、命名権を購入する企業にとっては、スポーツ中継やニュースなどで命名した名称が露出する機会を得られ、宣伝効果が見込まれる。

留意事項[編集]
都道府県や市町村などの地方自治体が所有している公共施設が命名権を導入する場合、施設の呼称そのものを対象とするケース(横浜市・新潟県など)と、施設の愛称のみを命名権の対象とし、正式名称も従来通り使用するケース(岡山県・香川県など)とがある。特に前者の場合、マスメディア等で対外的に施設名称を表示する際には、命名権による呼称のみを優先的に使用しなければならない旨について自治体側が規定を設ける場合がある。但しいずれの場合も、命名権によって制定された呼称を条例上の施設名称にまで及んで改称したケースはほとんど無く、条例上の施設名称は本来のものを継続して使用している。

国際サッカー連盟 (FIFA) や国際陸上競技連盟 (IAAF) など国際競技団体の一部は、自らが主催・主管する大会に於いて「(公式スポンサーと競合する)企業名・商標名を冠する競技施設では公式戦を開催できない」と規定している。また大会・興行の公式スポンサー以外の企業名称が使用できない場合や、命名権を取得している企業の同業他社がスポンサーに付くケースもある。これらのケースにおいては施設名には正式名称(旧称)を使用する。また必要に応じて、場内に掲出されている企業名のロゴを覆い隠す措置を執ることもある。FIFAの「クリーンスタジアム規定」やワールドラグビーの「クリーンスタジアム規定」がこれに該当するが、あくまでも「公式スポンサーの保護」が目的であるため(アンブッシュマーケティング参照)、命名権を一律に除外するわけではなく、また命名権名称でなくとも一時名称変更措置が執られることもある。

また珍しいケースではあるが、命名権を購入した企業側が「旧名称のままとするのが望ましい」として呼称変更をあえて行わないことがある。鎌倉市の海水浴場3ヶ所の例では、2013年に『鳩サブレー』で知られる菓子店の豊島屋が権利を購入したものの、一般公募の結果呼称変更を行わず旧名称のまま運営を続けている(ただし形式上は「命名権を行使して、旧名称と同じ呼称を名付けた」形である)[9]。

2019年から 大之木建設 が命名権を取得した呉市二河野球場(命名権名称:鶴岡一人記念球場)のように、企業名ではなく所在地に所縁の人物の名称を命名する例もある[10]。
引用元:命名権 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%91%BD%E5%90%8D%E6%A8%A9

クリーンスタジアム[編集]
「アンブッシュマーケティング」も参照
ワールドラグビーでは、主催大会の試合会場、参加チーム練習場などでは、施設を自己の負担においてクリーンの状態にしたうえで提供し、商業的なブランドについては、メディアに見えないようにする必要がある、とされている[3]。この場合の「クリーン」とは、以下の状態を指すという。

施設に、施設又はその所有者と一定の人(個人及び法人を含む)、製品、サービス又はブランドとの間の何らかの関係を示唆又は暗示する名称が付されていないこと。
形態や媒体を問わず、一切の広告、販売促進若しくは宣伝材料用の素材、ブランド、ロゴ若しくは名称、その他一定の人(個人及び法人を含む)、製品、サービスを識別させるものも付されていないこと。
方法や態様を問わず、ワールドラグビーが運営委託する団体(例えば、ラグビーワールドカップで言えば「ラグビーワールドカップリミテッド (RWCL)」)またはその団体のライセンシーによるコマーシャル・ライツの行使と競合し、それを制限若しくは妨害し、又はそれに対して損害を与える、いかなる権利、契約、活動、状態も存在しないこと。
これらに抵触する可能性のある契約として「スポンサーや広告に関する契約」「ブランド設定やネーミングライツに関する契約」「施設における商品の販売に関する契約」「施設使用者向けの飲食物の提供に関する契約等」が挙げられており、命名権や広告類の掲出のみならず、ワールドラグビー主催大会の公式スポンサーと競合する商品類の取り扱いについても制限している。また、命名権によるものではなくとも、その呼称がコマーシャル・ライツと競合するおそれがあるとみなされた場合(例えば、豊田スタジアムの英語名称「TOYOTA Stadium」はトヨタ自動車を想起させるものとRWCLが指摘している→”City of TOYOTA”を使用)は、別の名前に置き換えることで「クリーン」な状態にする必要があるとしている。
引用元:ワールドラグビー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC#%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0

クリーンスタジアム[編集]
FIFA主催大会においては、FIFAブランド並びに公式スポンサーの権利の保護を目的として、スタジアムとその周囲に商業制限区域 (Commercial Restriction Areas, CRA) を設け、FIFA及び公式スポンサー以外による大会(及びその観客・関係者)をマーケティングの対象としたアンブッシュマーケティングを排除し[45]、CRA内での商業活動を制限している[46]。

具体的には、CRA内の広告類(施設のネーミング・ライツを含む)や大会に際して開かれる臨時の販売施設等に関しては公式スポンサーのもの以外は原則として排除される(「クリーンな状態」に置かれる)ことになっており、CRA内では屋外広告は原則としてマスキングされるか一時的に取り除かれる。特に命名権に関しては、しばしば「全ての大会で一時的に正式名称とする」というように言及されることがあるが、正しくは「全ての大会で公式スポンサー以外の企業等を想起させる名称としない」というものであり、大会の公式スポンサーであればそのまま命名権名称が存置されることがある(例えば、EAFF E-1サッカー選手権2017で会場となった東京スタジアムは、味の素が大会の公式スポンサーであったため、命名権名称である「味の素スタジアム」がそのまま用いられた)。

なお、FIFAのこのルールにおいては、CRA内での地元企業による商業活動(バーやレストラン、コンビニエンスストアなど)は「制限されるべきではない(通常通りの営業・看板の掲出ができる)」としている。
引用元:国際サッカー連盟 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%80%A3%E7%9B%9F#%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0

アンブッシュマーケティング (英: Ambush marketing) または待ち伏せマーケティングとは、広告主がイベントを「待ち伏せ」(Ambush) して他の広告主との露出を競うマーケティング戦略。 イベントの公式スポンサーになることなく、そのイベント(の露出)に便乗して広告活動を行うというものであり、広告主はイベントに関連する特定の商標を用いずに広告対象を暗示させ、消費者に対してあたかも広告対象がイベントと深く関わっているように見せるというものである。

1980年代後半にアメリカン・エキスプレス (Amex) がビザ (Visa) との激しいキャンペーン合戦(後述)を繰り広げた後、Amexのグローバルマーケティング活動のマネージャーとして働いていたマーケティングストラテジストのジェリー・ウェルシュによって造られた造語である[2]

アンブッシュマーケティングは世界的なスポーツイベント(FIFAワールドカップ、オリンピック、スーパーボウルなど)を対象に使用されることが一般的である。これは、イベント主催者がスポンサー・パートナーから協賛金等を受け入れる代わりにイベントでの独占的な広告権を与えているためである。また、主催者の知的財産権に対する使用料が高額に設定されている場合もある。

そのようなアンブッシュマーケティングの試みに対しては、イベント主催者が会場周辺に「クリーンゾーン」を導入して、広告を制限したり会場での非スポンサーへの言及を削除または不明瞭化させるなどの対抗措置が執られる。さらに、主催国に対してはクリーンゾーンを実施し、使用を制限する法的権利を付与するための法律の通過をホスト国に要求する場合もある。

一方で、アンブッシュマーケティングへの規制は、 言論の自由を制限するものであるとの論争も呼んでいる。
引用元:アンブッシュマーケティング – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

Ambush marketing can be defined as prohibited marketing activities which try to take advantage of the huge interest and high profile of an event by creating a commercial association and/or seeking promotional exposure without the authorisation of the event organiser.

Such prohibited marketing activities can be of a direct or indirect nature. A direct association is established when a brand tries to link itself directly to the event, be it through advertising or promotions such as ticket giveaways, use of the tournament designations, etc. An indirect association aims to achieve an association with the event without making a direct link, often implementing creative campaigns aimed at achieving a link to the event. Marketing activities by non-sponsor companies that seek to take advantage of the huge public interest in the event through physical on-site presence can also be categorised as prohibited. The common denominator of such prohibited marketing activities is that they primarily seek free advertising.

The reason that FIFA considers prohibited marketing as a priority in its brand protection work is that it puts FIFA’s commercial programme directly at risk by trying to devalue official sponsorship. Companies engaging in prohibited marketing fail to appreciate that the FIFA World Cup™ is the result of FIFA’s significant efforts to develop and promote the tournament, something which would not be possible without the financial support of FIFA’s Commercial Affiliates. Ambush marketers try to take advantage of the goodwill and positive image generated by the FIFA World Cup™ without contributing to its organisation.
引用元:What We Do – Marketing – Prohibited marketing activities (ambush marketing) – FIFA.com https://www.fifa.com/about-fifa/what-we-do/marketing/brand-protection/prohibited-marketing-activities